印刷 | 通常画面に戻る |

農場領主制/グーツヘルシャフト

15世紀以降も続いた東ヨーロッパに於ける封建的な土地制度。

 プロイセン王国に支配されたエルベ川以東の地(オストエルベ)では、貴族たちが封建領主として依然として大農園を所有し、農民を農奴として用いて経営していた。それらを農場領主制(グーツヘルシャフト)といい、一般に東ヨーロッパの後進性を示す土地制度と言われる。そこでの農民は自立が認められず、重い経済外的な負担も負って領主に従属していた。西ヨーロッパでは荘園や農奴制が崩壊した15世紀以降も存続し、16世紀には大航海時代が到来してアジアからの香辛料、新大陸からの銀などが流入して西ヨーロッパの経済が発展し、人口が増加すると、東ヨーロッパのグーツヘルシャフトではかえって西ヨーロッパの都市人口を支えるための輸出用、商品作物としての穀物需要が増大したため、領主による農奴支配が強化された。そのような強化された農奴制を再版農奴制という。この大農場経営を基盤とした貴族がユンカーである。

農場領主制の廃棄

 この体制は、19世紀まで続いたが、ナポレオン戦争の敗北後、ドイツの後進性の一因と考えられるようになり、シュタインハルデンベルクによって進められたプロイセン改革の中で農奴解放にが実行され、制度としての農奴の存在はなくなった。しかし、ユンカーは、封建的な経営は廃棄したが、依然として大土地を所有し、労働者を雇用して大農園経営を行ったり、工場を設立して資本家に転身して行き、その社会的地位は揺るがなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章1節 ウ.商業革命と価格革命