印刷 | 通常画面に戻る |

フェリペ5世

ルイ14世の孫、スペイン・ブルボン朝初代の国王。1701年即位。スペイン継続戦争で王位承認される。

 ルイ14世は王妃がスペイン=ハプスブルク家のフェリペ4世の娘マリア=テレサであった。フェリペ4世の次のカルロス2世に男子後継者が無く、ルイ14世はマリア=テレサとの間の子ルイ=ド=フランスの子(つまりルイ14世の孫)フィリップの王位継承権を主張した。神聖ローマ皇帝(オーストリア大公)レオポルト1世も帝妃がカルロス2世の妹であったので、やはりスペイン王系証券を次男のカールに継がせようとした。1700年、カルロス2世がフィリップを指名して死去したため、翌年、フェリペ5世として即位した。フェリペはフランス王位継承権を放棄していなかったので、オーストリア・イギリス・オランダなどは強く反発し、スペイン継承戦争が始まった。フランスはアメリカ植民地においてもイギリスとアン女王戦争を戦っており、次第に劣勢が明らかとなって1713年のユトレヒト条約でイギリス・オランダなどと講和をした。その結果、フェリペ5世のスペイン王位継承は、スペインとフランスが永久に合同しないことを条件に認められ、ここにスペイン=ブルボン朝が成立した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 エ.ルイ14世の時代