印刷 | 通常画面に戻る |

農奴解放令

1781年、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世が農民の封建的負担の廃止、人格的自由などを打ち出した。

 神聖ローマ皇帝でハプスブルク家オーストリア王のヨーゼフ2世啓蒙専制君主としての改革の一環として打ち出された。ヨ母マリア=テレジアも一定の近代化政策に着手していたが、啓蒙専制君主としての改革をめざすヨーゼフ2世は、近代化の障害となっていた封建的な領主・農奴関係を解消するという根本的な社会改革に乗り出し、1781年11月1日、農奴解放令(農奴制廃止令)を発布した。それは、ヨーゼフ2世の宗教寛容令と並んで、最も重要な社会改革であり、オーストリア及びその支配下にあったベーメン(チェコ)・ハンガリー・ネーデルラント南部・北イタリアにも大きな影響を与えた。

農奴解放令の内容

 1781年に発布された農奴解放令では、農民には法的身分の自由を始め、移動、職業選択、結婚などの自由が認められ、土地保有の権利とその売買の自由が認められた。なお、1789年2月には、租税・土地台帳令によって、改めて賦役の廃止が決定され、新たな租税が制定された。近代化過程で各国に見られた、中世封建社会以来の農奴制を終わらせる、農奴解放の一つである。

その狙いと限界

 ねらいは、農奴制を廃止することによって農土地貴族層の経済的基盤を解体し、国家による農民保護=直接支配をはかり、自作農を創出して租税を負担させ、租税収入の拡大をはかることにあった。この改革によって、新しい中間層が創出され、工業化の前提となる労働力を産みだされるという、大きな社会的変動が始まった。しかし、特権と経済的基盤を奪われる土地貴族層は激しく反発した。また、ヨーゼフ2世は、オーストリア以外の地域でも一律に実施しようとしたため、特に土地貴族層の基盤が強固であったハンガリーでは抵抗が強かった。ヨーゼフ2世存命中はこの法令は守られたが、1790年のその急逝とともに反動の時代が訪れ、土地貴族に対する譲歩が行われて、改革は停滞する。オーストリア及びその支配地で、農民の解放が実現するのは、1848年の三月革命を待たなければならなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 オ.プロイセンとオーストリア