印刷 | 通常画面に戻る |

マリア=テレジア

18世紀中ごろのオーストリア大公妃。ハプスブルク家の家領を継承し、プロイセンのフリードリヒ2世とオーストリア継承戦争を戦う。敗れてシュレジェンを割譲したが、次に外交革命によってフランスと結び、再び七年戦争で戦う。多民族国家であるオーストリア帝国の中央集権化を図るなど、事実上の女帝としてオーストリアを統治した。

 オーストリア=ハプスブルク家のオーストリア大公(在位1740~80年)。父カール6世の定めたプラグマティッシェ=ザンクティオンハプスブルク家の家督継承法)によってハプスブルク家の家督を相続した。

若き日のマリア=テレジア
オーストリア国立美術史美術館蔵

オーストリア継承戦争

 プロイセン王国の国王フリードリヒ2世はその相続の代償としてシュレジェンの割譲を要求、さらにバイエルン公は神聖ローマ皇帝位を望み、フランスのブルボン朝ルイ15世も同調し、1740年、オーストリア継承戦争が勃発、プロイセン軍にシュレジェンを占領された。唯一フランスと対立していたイギリスがオーストリアを支援したが、経済的援助にとどまり、軍隊の派遣はなかった。窮地に立ったマリア=テレジアは乳飲み子(後のヨーゼフ2世)を抱いて(これは伝説らしい)ハンガリーに赴き、黒い喪服に身を包んでハンガリー貴族たちに抵抗を呼びかけた。その後困難な闘いを切り抜けたマリア=テレジアは、シュレジェンは失ったものの他の家督の相続は認められ、1745年神聖ローマ帝国皇帝の地位を夫のトスカーナ大公フランツ1世が就任した。1748年にアーヘンの和約で戦争を終わらせた。
注意 マリア=テレジアは女帝ではない 人名辞典などには、マリア=テレジアを女帝とし、「神聖ローマ皇帝」に在位したとしているものも見かけるが、これは厳密には正しくない。彼女はオーストリア大公であり、ハンガリー国王とベーメン国王を兼ねていたというのが正しい。また、その期間は1740年から1780年の40年にわたる長期間であったが、その前半の1740年~65年は夫のフランツ1世(ロートリンゲン公、後にトスカナ大公)、後半の65年から80年は息子のヨーゼフ2世がその共同統治者であった。彼女自身は女性であったので神聖ローマ皇帝にはなれず、夫のフランツ1世が皇帝となっている(1745年から65年まで)。フランツ1世の死後はヨーゼフ2世が称した(神聖ローマ皇帝は形式的には依然として選帝侯による選挙だった)。したがってマリア=テレジアは形式的には帝妃、そして帝母という立場に過ぎなかった。しかし、夫フランツは政治にあまり関心が無く、子のヨーゼフにはまかせきれないと考えていたので、実際に帝国を切り盛りしたのは彼女であった。つまり、実質的には神聖ローマ皇帝であったと言うことは出来る。

外交革命

 敗戦後、「シュレジェン泥棒」プロイセンのフリードリヒ2世への復讐と、シュレジェンの奪回を目指したマリア=テレジアは、オーストリアの軍制、政治機構の改革に乗り出し、宰相カウニッツの補佐によって国力の回復に努めた。外交ではフランスのブルボン家と結び、さらにロシアとも関係を強めててプロイセンを孤立させることに成功した。それまで長期にわたって敵対していたフランスと手を結んだことは、当時非常な驚きをもって迎えられ、外交革命と称された。それを画策したのがオーストリアの宰相カウニッツとフランスのルイ15世の寵愛したポンパドゥール夫人であった。

七年戦争

 包囲網の成立を知ったプロイセンのフリードリヒ2世は愕然とし、1756年、包囲網を打破すべく先制攻撃をしかけ七年戦争(1756~63年)が始まった。オーストリア軍は今回は十分な準備を終え、しかもフランス軍、ロシア軍の支援を受け優位に戦った。プロイセンを支援したのはイギリスであったが、イギリスはアメリカ大陸とインドにおいてフランスとの激しい植民地戦争を展開していたので、ヨーロッパ大陸に関与する余裕が無かった。こうしてフリードリヒ2世は絶体絶命の危機に陥ったが、ロシアの女帝エリザベータが死去、後を継いだピョートルがフリードリヒ2世びいきだったため、ロシアが対プロイセン戦線から脱落し、フリードリヒ2世は息を吹き返した。この結果、1763年のフベルトゥスブルク条約でプロイセンのシュレジェン領有は確定した。

ヨーゼフ2世との共同統治

 1765年以降は息子のヨーゼフ2世との共同統治となった。マリア=テレジアは息子ヨーゼフ2世を愛していたが、その姿勢には不安なものを感じ、実権を持ち続けた。ヨーゼフ2世はヴォルテールやルソーなどの啓蒙思想に関心を持ち、フリードリヒ2世に近い考えをもっていたからであった。ヨーゼフ2世がフリードリヒ2世に持ちかけられたポーランド分割に加わろうとしたときは、頑強に反対した。しかし、最終的には折れて、ヨーゼフの判断に従った。また、婚姻政策にはその後も熱心で、娘のマリ=アントワネットをフランスの王子ルイ(後のルイ16世)の妃に送ってフランスとの関係を維持しようとした。

Episode マリア=テレジアの捨て身の訴え

 オーストリア継承戦争ではフランスの軍事介入でマリア=テレジアは絶体絶命の窮地に立たされた。彼女が最後に望みを託したのはハンガリーの貴族であった。ハンガリー貴族はオーストリアの支配から脱する好機と考え、反オーストリア蜂起を企てるのではないかと危惧されていたが、彼女はあえて逆の行動をとった。41年9月、彼女は現在のブラチスラヴァで開会中のハンガリー議会に、乳飲み子を長男ヨーゼフ(次の皇帝)をかかえて劇的に登場し、誇り高いハンガリー貴族に涙ながら支援を訴えた。それに感動した議員から「我らが女王、王冠、祖国に血と命を」の叫びが起こり、6万の出兵その他の支援を取り付けたのである。彼女もハンガリー国法の遵守、貴族の免税特権、行政的自治の保証などを約束した。<『ドナウ・ヨーロッパ史』新版世界各国史 山川出版社>
 わずか27歳の若妻マリア=テレジアが乳飲み子ヨーゼフを抱いてハンガリー議会に乗り込んだ、と言うのは有名な話。演説は事実で確かだが、ヨーゼフを抱いて演説したと言うのは伝説らしい。この時彼女がハンガリーに連れていったのは三歳の皇女マリア=アンナで、ヨーゼフはウィーンにおいてきた。ハンガリー滞在は議会を説得するのに時間がかかり、6月から9月に及んだが、その間何度かヨーゼフの様子を見にウィーンに戻っている。ヨーゼフを抱いていなかったとしても、美しく若い女王の訴えが、ハンガリー貴族と議会を動かしたことは事実だ。「彼女は、腕にヨーゼフを抱いた絵を、おそらく数枚、描かせた。」<倉田稔『ハプスブルク歴史物語』1994 NHKブックス p.38-40>
あるいは幼子を抱くマリア、というイメージを利用しようとしたのかも知れない。これは邪推。

Episode ハプスブルク家の多産


マリア=テレジアの家族
オーストリア国立美術史美術館蔵
 マリア=テレジアは1717年5月13日の生まれ、若いころは健康で美しかった。今に残る若き日の彼女の肖像からもその美貌はつたわってくる(上掲写真)。結婚適齢期になると、さまざまな縁談が出て、一時はプロイセンの王子フリードリヒとの話も進んだ。彼はマリア=テレジアより5歳上、本人は彼女との結婚に相当乗り気だったらしい。しかしある事情から縁談は破綻した。この二人は後には憎しみ合い激しく戦う間柄になる。実はマリア=テレジアは6歳の時にウィーンの宮廷で見初めた貴族の若者がいた。それがロートリンゲンから来たフランツで9歳年上だった。結局二人の恋が実り、1736年2月に結婚した。すぐに子どもが出来たが女の子ばかり、3人続き、ようやく待望の男子ヨーゼフが生まれた。その後も、なんと彼女は56年までの20年間に16人の子供を産んだ。つまり妊娠していなかったことがなかったわけで、しかもその間に戦争などの難局が相次いだのだ。ハプスブルク家は多産の家系で有名だが、女王でありながらこれだけの多産なのは驚きだ。夫フランツは快活な人だったが政治には関心はなく、それは妻にまかせ、夫としての仕事だけに専念したわけだ。マリア=テレジアもこのフランツを深く愛し、65年に彼が死ぬとその後の生涯を喪服で過ごしたという。<倉田稔『ハプスブルク歴史物語』1994 NHKブックス/江村洋『ハプスブルク家の女たち』1993 講談社現代新書>
上の図は、マリア=テレジアとその家族の肖像。右の座っているのがマリア=テレジア。左端が夫で神聖ローマ皇帝フランツ1世。間に立つ赤い服の若い王子がヨーゼフ。このころの彼女はでっぷりと太っている。ウィーンの王宮には籠を人力で上げ下げするエレベーターがあったが、「伝説によると200キロの体重があったマリア=テレジアは、体の重みで綱が切れて落っこちた」そうだ。<倉田稔『ハプスブルク歴史物語』1994 NHKブックスp.50>若いころの彼女を比べるのも一興。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第10章1節 オ.プロイセンとオーストリア
書籍案内

倉田稔
『ハプスブルク歴史物語』
1994 NHKブックス

江村洋『ハプスブルク家の女たち』
1993 講談社現代新書