印刷 | 通常画面に戻る |

ラヴォワジェ

18世紀のフランスの化学者。燃焼の本質などを究明した。フランス革命で処刑される。

 ラヴォワジェ A.L.Lavoisier(1743-94)は、パリの豊かな弁護士の子として生まれ、自らも法科大学に学んで弁護士となったが、数学や自然科学に関心を移していくつかの業績を上げ、若くして科学アカデミーの会員になった。1777年、燃焼理論を研究して、先行の諸説を否定し、燃焼の本質は物質と空気の一成分である酸素の結合であることを明らかにした。酸素や水素という物質名を命名し、その本質を明らかにし、「化学の父」と言われるが、当時はフランス革命の最中であり、彼は貴族階級に属し徴税請負人であったためジャコバン派政権の下で裁判にかけられ、1794年にギロチンにかけられて死んだ。 → 科学革命

その業績

17世紀はニュートン力学に見られるように物理分野では大きな進歩があったが、物質観に関しては依然として”土、水、空気、火”という4つの基本物質からなっているという理解に留まり、錬金術の段階を脱していなかった。18世後半になってようやく水素の発見(1766年、イギリスのキャヴェンディッシュ)、酸素の発見(1772年、スウェーデンのシェーレ)があり、フランスのラヴォワジェによって元素と化学反応の原理がが燃焼実験の結果明らかになった。定量的研究を重ねたラヴォワジェは1777年に燃焼とは空気の一成分と物質の結合であることを発見し、ついに空気が酸素と窒素からなることを明らかにした。1785年に水の分解実験に成功し、1789年にそれらの知見をまとめて『化学原論』を発表し、物質の究極的な構成要素を「元素」と名付け、水素、酸素、窒素など33種類の元素を列挙し、あわせて「質量保存の原則」を明らかにした。このラヴォワジェの業績は、錬金術から化学に変化させ、近代科学を真に成立させたと言える。

Episode フランス革命で処刑されたラヴォワジェ

 ラヴォワジェの本業は徴税請負人(間接税を国に代行して徴収する役職)であたため、フランス革命が起こると反民衆的な右派として捕らえられ、1794年にギロチンにかけられて処刑されてしまった。このとき数学者のラグランジェは「この頭を斬り落とすのは一瞬の出来事であるが、これほどの頭脳を得るには、1世紀あっても足りない」と叫んだ逸話は有名である。<小山慶太『科学史年表』中公新書 p.85>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 ア.科学革命と近代的世界観
書籍案内

小山慶太
『科学史年表』
中公新書