印刷 | 通常画面に戻る |

トラファルガーの海戦

1805年、スペイン沖でイギリス海軍がフランス・スペイン連合艦隊を破る。

ナポレオンの皇帝即位に対してイギリスの首相ピット第3回対仏大同盟の結成をよびかけてフランスの大陸支配を阻止しようとした。それに対してナポレオンはフランス・スペイン連合艦隊を地中海からドーヴァーに派遣してイギリスに圧力を加えようとした。1805年10月、ネルソン提督の指揮するイギリス海軍はジブラルタルを超えてスペインのカディス沖、トラファルガーに現れたナポレオン海軍を補足し、それを撃破した。ネルソン提督は戦死したが、海上での勝利はナポレオンのイギリス征服を阻止した。しかしヨーロッパ大陸内では同年12月のアウステルリッツの戦いでナポレオン軍が勝利し、大陸支配を実現した。

海戦の様子

(引用)1805年10月21日、スペインのカディス港の南、トラファルガー岬沖で、ヴィルヌーヴ指揮のフランス・スペイン連合艦隊は(トゥーロンからドーヴァーに向かう途中)、ネルソン指揮のイギリス艦隊に捕捉され、カディス港に追い込まれた。地中海に逃れようとしたとき、ネルソンとコリンウッドの艦隊が現れ、再びカディスに逃避しようとしたが間に合わず、砲火を交え、33隻のうち3分の1の艦と水兵約六千九百を失った。イギリス側はネルソンが戦死したが一隻の損失もなく圧勝した。この戦いによって、ブーローニュにイギリス上陸部隊15万を終結させていたが作戦を放棄しなければならなくなった。<井上幸治『ナポレオン』岩波新書 P.117>