印刷 | 通常画面に戻る |

フィニアン

19世紀後半からアイルランド独立運動を進めた秘密組織。

アイルランド問題の中で生まれた、独立を目標に結成された秘密組織で1867年に蜂起を計画したが失敗した。フェニアンとも表記。フィニアン運動とも言う。1858年に、青年アイルランド党の蜂起に加わった共和主義者(アイルランド共和兄弟団=IRB)がアイルランド系アメリカ人の支援を受けて組織した、反イギリスの武装秘密組織であった。フィニアン(フェニアン)とは古代アイルランド神話の戦士団フィアナに由来する。1865年にアメリカの南北戦争が終わると、実戦を経験したアイルランド系アメリカ人が加わり、軍事指導に当たった。1867年、カナダで自治権獲得の動きが始まると、それに呼応して蜂起を計画したが、事前に察知したイギリス当局によって全員逮捕され、失敗した。蜂起には失敗したが、翌1868年に成立したイギリスのグラッドストン自由党内閣がアイルランド問題の解決に乗り出す一因となった。フィニアンの名はアイルランド民族主義(ナショナリズム)の象徴となった。  

出題

 04年 早稲田大学 社会科学部
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ウ.ヴィクトリア時代