印刷 | 通常画面に戻る |

ケルト人

印欧語族に属する西ヨーロッパの先住民族。ローマ帝国の支配を受け、さらにゲルマン人に圧迫されたが、現在も独自の文化を継承している。

 アルプス以北の西ヨーロッパに広く居住していたインド=ヨーロッパ語族の一派。原住地はライン川やドナウ川上流域の南ドイツと考えられ、西ヨーロッパに鉄器文化をもたらし、高い農耕・牧畜技術を持っていた。彼らは精悍な騎馬民族として活動するようになり、前8世紀ごろから、大ブリテン島イギリス)、ガリア(後のフランス)、イベリア半島(スペイン)、ギリシアにも進出したが、多くの部族に分かれ、対立をくり返していた。前4世紀初めにはケルト人の一派が北イタリアに侵入し、さらに南下して一時は都市国家ローマを占領(前390もしくは387年)している。前3世紀にはバルカン半島に侵入し、ギリシアを経て小アジアまで至った一派もあった。
 そのケルト文化はヨーロッパ各地に遺跡として残されており、ヨーロッパ鉄器文化の後半期にあたりラ=テーヌ文化といわれている。また、キリスト教普及以前の彼らの信仰はドルイドという司祭に支配された呪術的な宗教であった。ドルイド信仰はキリスト教以前のヨーロッパの宗教の古層として、現在のフランス・ドイツ西部・スイスから北イタリアに広く残存しいる。

ケルト系の人々

ガリア人 ローマはケルト人を「ガリア人」といい、その居住する地域を広くガリアととらえ、アルプス山脈を堺にしてその北側をガリア=キサアルピナ(アルプスの向こう側のガリア)と呼んだ。イタリア半島の統一を進めたローマは、次第にガリアの地にも侵出し、征服していった。それを完成させたのが、前1世紀中ごろのカエサルによるガリア遠征である。この遠征によってガリアの地のケルト人はローマの支配下に組み込まれた。ついで、ライン川以東から大移動してきたゲルマン人に征服され、ローマ人やゲルマン人に同化していった。しかし、現在でもアイルランド・スコットランド・ウェールズ・ブルターニュなどにはケルト系の文化が残存している。ローマ時代のガリア(現在のフランス)に居住していたケルト人に関してはカエサルの『ガリア戦記』が伝えている。
ブリトゥン人 ブリテン島のケルト人はいくつかの部族に別れていたが、その中で最も有力だったのがブリトゥン人であった。そのため、この島に入ったローマ人は、この地をブリトゥン人の土地の意味で、「ブリタニア」と呼び、属州として支配した。5世紀にブリテン島にゲルマン人の一派のアングロ=サクソン人が侵攻してくると、ブリトゥン人は粘り強く抵抗を続けた。その時のブリトゥン人の英雄として、アーサー王物語が生まれた。しかし、ブリトゥン人は次第に西方の高地地帯に逃れ、さらに海峡を渡って大陸に移住した。その地が現在のフランスのブルターニュ地方であり、その地と区別するために、島をの方を大ブリテン(グレートブリテン)と言うようになった。ブリテン島西部のウェールズにはケルト系ブリトゥン人の住民も多く、1536年にはイングランドに併合されたが今も分離独立の動きは続いている。
ゲール人/ゲール語 アイルランドのケルト人をゲール人という。この語はローマがブリトゥン人をグイールと呼んでいたことから、アイルランドのケルト人がみずからをゲール人と言ったことによるという。彼らは前5世紀ごろ、アイルランドに移住し、鉄器文明をもたらすと共に、ドルイド信仰など独自の文化を持っていた。ローマの支配は及ばなかったが、5世紀にキリスト教化が進み、カトリック信仰が定着した。8世紀からはヴァイキングが海岸地方に侵攻し、一部は都市に定住するようになって混血が進んだが、ゲール人の独自の言語はゲール語として存続した。しかし12世紀のヘンリ2世に始まるイングランド王によるアイルランド侵略により、次第にイングランドからの入植者に支配されるようになった。近代において、アイルランドは特に宗教的自由を求めてイギリスからの分離独立を求める運動が激化する。アイルランド民族運動の柱の一つにはゲール人の言語であるゲール語の復興が掲げられ、1893年にはダグラス=ハイド(後のアイルランド初代大統領)は「ゲール同盟」を結成している。1937年にアイルランド自由国は国号をエールに変更したが、それはゲール語でアイルランドを意味していた。1949年に成立したアイルランド共和国もゲール語を公用語として掲げているが、実際に日常的に使われているのは西部の一部に限られている。
スコット人   アイルランドの北東部海岸地方にいたゲール人の一派のスコット人は、6世紀ごろブリテン島の西海岸を荒らし回るようになった。古アイルランド語で「荒らす」、「略奪する」ことを「スコティ」と言ったことから、彼らはスコット人と言われるようになった。スコット人はやがて同じケルト系のピクト人とともにブリテン島北部に定住し、その地は9世紀にはスコットランドと言われるようになった。彼らはスコットランド王国(最初はアルバ王国と呼ばれた)をつくり、その南部のアングロ=サクソン人、ノルマン人の建てた国と長く抗争しながら、独自の文化を形成していった。<君塚直隆『物語イギリス史上』2015 中公新書 p.11>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 ア.ヨーロッパの風土と人びと