印刷 | 通常画面に戻る |

青年アイルランド党

19世紀中ごろ、イギリスからの独立を求めるアイルランド人の組織。

アイルランド問題が進行する過程で、1848年にアイルランドの独立を目ざして武装蜂起し、弾圧された組織。1842年、アイルランドの青年弁護士トーマス=デイヴィスによって組織された。イタリアのマッツィーニが組織した「青年イタリア党」を模して「青年アイルランド党」と称した。デイヴィス自身はプロテスタントで、はじめはカトリックとの融和を唱えていたが、1845年のジャガイモ飢饉に遭遇して武装蜂起に転じ、フランスの二月革命、イギリスのチャーティスト運動など、ヨーロッパ各地の革命運動に刺激されて1848年に蜂起した。しかしイギリス軍の弾圧によって鎮定されてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ウ.ヴィクトリア時代