印刷 | 通常画面に戻る |

シラー

ドイツ古典主義文学を完成させた作家、劇作家。『群盗』『ウィルヘルム=テル』が代表作。

 フリードリヒ=シラー(1759~1805年)は、ドイツの詩・小説・劇作・評論など多方面で活躍した文学者。その位置づけとしては、ゲーテと並んでドイツ古典主義(文学)を完成したと言われることが多い。その主な作品としては、『群盗』、『ウィルヘルム=テル』、『メアリ=ステュアート』、『ヴァレンシュタイン』などがあげられる。そのテーマは、「理想を求める不屈の精神」であろう。多くは史劇という枠組みの中で、同時代人に精神的自由を喚起するものであった。その処女作『群盗』は封建制度の圧政に対する民衆の怒りを描いたため、領主のカール=オイゲン公によって監禁されるという弾圧を受けた。監禁を解かれてから故郷を捨てヴァイマールに移り住み、ゲーテなどと交流する。代表作『ウィルヘルム=テル』(『ウィリアム=テル』)はスイスがハプスブルク家からの自由を勝ち取った歴史に題材を取り、伝説上のそんざいでしかないテルは一躍英雄となり、さらにロッシーニがオペラとしたため有名になった。シラー晩年の1804年の作品であった。歴史家としても一時イエナ大学の教授として、『オランダ反乱史』や『三十年戦争史』を論述している。
シラー、教科書から消える 2013年から使用される山川出版社『詳説世界史B』から、シラーの名前が消えている。旧版までは本文の中で「ゲーテやシラーが完成した古典主義・・・」という記載があったが、ゲーテは残っているがシラーは消えてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 ア.ロマン主義と自然主義