印刷 | 通常画面に戻る |

ヴァレンシュタイン

三十年戦争の神聖ローマ皇帝側の総司令官。グスタフ=アドルフの好敵手。

 三十年戦争のときの、旧教徒=神聖ローマ皇帝側の総司令官。ベーメンの貧乏貴族に生まれ、若いときから皇帝に仕え、ベーメンの反乱の鎮圧に活躍、皇帝の信任を得て領地を拡大した。1624年、皇帝のために自分の費用で2万の軍隊を編成し、皇帝軍総司令官に任命された。デンマーク王クリスチャン4世がドイツに侵攻すると、それを迎え撃って撃退し大いに名声を高めた。彼は皇帝のもとにドイツの統一を進めようとしたが、その力が強くなることを恐れた諸侯が反発し、1630年には一時司令官を辞任した。しかし同年、スウェーデン王グスタフ=アドルフがドイツに侵攻すると、皇帝フェルディナント2世はヴァレンシュタインを再び総司令官に任命、1632年、リュッツェンの戦いでグスタフ=アドルフ軍と対決した。その戦闘ではグスタフ=アドルフを戦死させたものの、スウェーデン軍に押され、敗北した。ベーメンに帰ったヴァレンシュタインは、皇帝を無視して単独で新教側との和平をはかろうとしたが、1634年に部下にそむかれて暗殺された。その強大化を恐れた、神聖ローマ皇帝フェルディナンドが暗殺を命じたとの説もある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 カ.17世紀の危機と三十年戦争