印刷 | 通常画面に戻る |

ユーゴー

19世紀フランスの国民的人気作家であり、政治家。ナポレオン3世の帝政に激しく反発し長い亡命生活を送った。

 ヴィクトル=ユーゴー Victor Hugo 1802-1885(ユゴー)は、18世紀フランスのロマン主義文学を代表する詩人、小説家であるとともに、政治家としても活躍した。七月王政時代には詩人として成功し、オルレアン家の保護を受けて生活し、『ノートルダム=ド=パリ』(1831)で人気作家となった。二月革命の後の第二共和政で共和派の中心人物のひとりとして活躍、憲法制定議会や立法議会の議員となった。

ナポレオン3世に抵抗

 しかし、ルイ=ナポレオンが大統領となり、さらにクーデターで独裁権を握ってナポレオン3世として皇帝になったことに強く反発し、武装蜂起を呼びかけ、それに失敗して英仏海峡の小島に逃れ、その地で18年にわたる亡命生活を余儀なくされた。この亡命生活中に代表作『レ=ミゼラブル』(1862)を書いた。普仏戦争に敗れたナポレオン3世が退位すると、ユーゴーは国民の歓喜の中、パリに戻り、国民議会の議員となった。最後の小説はフランス革命を扱った『九十三年』(1872)であった。その死にあたっては国葬が営まれ、遺骸はパンテオンに埋葬された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 ア.ロマン主義と自然主義