印刷 | 通常画面に戻る |

二月革命

1848年、フランスで七月王政を終わらせ第二共和政に転換させた変革。ベルリンとウィーンの三月革命を呼び起こし、一連の1848年革命によってウィーン体制を終わらせた。

 七月王政のもとで、普通選挙の要求を掲げた選挙法改正運動が強まる中、ギゾー内閣はそれを拒否続けていた。政府によって集会が禁止されたため、普通選挙を要求する人びとは改革宴会という形で運動を続けたが、政府は宴会禁止令をだして、それも取り締まろうとした。1848年2月、激昂したパリの市民、労働者が蜂起して、ルイ=フィリップを退位に追い込み、七月王政を倒し、共和政を宣言、臨時政府が成立した。
1848年革命 ウィーン体制の崩壊へ フランスに共和政を復活させた二月革命は、ただちにベルリンとウィーンに飛び火して三月革命を勃発させ、ヨーロッパ全土に及ぶ1848年革命の口火となった。その結果、ナポレオン没落後のヨーロッパの保守反動体制であるウィーン体制は崩壊した。

二月革命の経緯

パリのバリケード 1848年2月13日、改革派は政府の禁をおかして22日にパリ十二区で改革宴会を開催することを決定。……当日朝パリの労働者・学生が続々集結し、マルセイエーズとA=デュマのはやらせたという「ジロンド党員の歌」を唱いながらデモ行進、コンコルド広場からブルボン宮殿に向かい議会に示威運動を行い、バリケードを築いた。
キャプシーヌ街の惨劇 翌23日、国民衛兵の大半が民衆に共鳴して革命側に付いた。ルイ=フィリップはやむなくギゾーを罷免してモレに組閣を命じた。夜9時頃、サン=タントワヌ街で組織されたデモ隊は、赤旗をなびかせ、外務省のあるキャプシーヌ街に向けて更新を開始した。この時が労働者が赤旗を掲げた最初だとも言われている。デモ隊がキャプシーヌ街に進んでいったところ、守備にあたっていた正規軍が突如一斉射撃を加えた。この衝突で50名ほどが死亡、多くが傷を負った。激高したデモ隊は、血まみれになった若い女性の死体を松明でかざしながら、「復習だ!武器をとれ!」と叫びながらなおも進んだ。正規軍部隊はひるんで後退した。この衝突は、パリの民衆を革命側に引き寄せる決定的な転機となった。
国王一家の逃亡 24日、モレ首相は組閣を断念して辞任すると国王はティエールに組閣を命じ、ビュジョー元帥に市民蜂起の鎮圧に当たらせようとしたが、ティエールはリヨン暴動の、ビュジョーはトランスノナンの虐殺の張本人であったのでかえって民衆は激昂、民衆は武装してチュイルリー宮を襲撃した。宮殿前のシャトー=ドーの衛兵が民衆を阻止している間、国王ルイ=フィリップとその一家はからくも脱出することができたが、まもなく宮殿は民衆の手に落ち、七月王政は終わりを告げた。
臨時政府の成立 ブルジョワの支持する穏健共和派と労働者の支持する急進共和派(社会主義派と捉えることもできる)は七月王政を倒すという共通目的では一致することができ、二月革命は成功した。ブルジョア共和派(ラマルティーヌら)は『ナショナル』、急進共和派(ルイ=ブランら)は『レフォルム』とい新聞を発行し、それぞれ革命後の政権を構想した。議会ではこの段階では君主制支持であったユーゴーなどの立憲君主制派もあったが、多数で否決され、臨時政府設立が決定される。臨時政府にはラマルティーヌとルイ=ブランがともに参加し、その夜遅く、共和政を宣言した。
 二月革命によって第二共和政が成立し、臨時政府が発足した。次の課題は共和制政府の樹立と共和制憲法を制定することにあった。しかし、早くもその両派の対立は表面化した。

参考 文学上の二月革命

フローベール『感情教育』(1869)<生島遼一訳 上下 岩波文庫>は、この二月革命からルイ=ナポレオンのクーデター事件までのパリを舞台とした小説で、これらの事件が生々しく再現されている。

臨時政府

1848年の二月革命で成立した共和政府。ブルジョワ共和派を中心に急進派、労働者代表も参加した。

 1848年2月24日、その夜遅く、共和政が宣言され、第二共和政が発足した。臨時政府の11閣僚の内、七名はブルジョア共和派(ナショナル派。ラマルティーヌら)、四名は急進共和派(レフォルム派。フロコン、ルドリュ=ロランは小市民、アルベール、ルイ=ブランは労働者)という構成であった。
赤旗か三色旗か  武装をまだ解かない労働者は、二月革命の最前線に掲げられた赤旗を、新たなフランスの国旗とすることを臨時政府に要求した。しかしラマルティーヌは雄弁をもってその要求を拒否、フランスの栄光と権威を象徴する三色旗を国旗として制定することを主張した。労働者の要求は退けられ、三色旗がフランスの国旗として正式に採用された。ラマルティーヌに代表される「秩序」と「財産」を守ることが国家の使命であるというブルジョワ民主主義が勝利を占めたかたちとなった。
二月革命の成果 「自由の木」  政府内部に激しい対立を含みながら、臨時政府は4月に第二共和政憲法制定のための男性普通選挙を約束しただけでなく、3月には植民地の黒人奴隷制を廃止(奴隷主には1人60フランを賠償した)など改革を推進し、成果を上げた。3月20日には、シャン=ド=マルスに数千人の市民が集まり、三色旗をくくりつけた「自由の木」の植樹が行われた。「自由の木」は国王専制政治を倒したパリ市民と労働者の団結の象徴であり、当時はカトリック教会の司祭もこの木をおごそかに聖別するなど、宥和の象徴でもあった。しかしその蜜月は長続きしなかった。
男子普通選挙の実施  3月5日、臨時政府は憲法制定国民議会の招集のために、男子普通選挙を実施することを布告した。これは6ヶ月以上同一市町村に居住する21歳以上のすべての男性に投票権を与えるものであり、これによって有権者は七月王制下の25万からいっきょに900万人に増加した。女性は除かれているが、「普通選挙」が実現し、市民の政治参加がルール化されたことは画期的なことであった。なお、フランスで女性に参政権が認められたのはなんと第二次世界大戦後である。この四月普通選挙が実施され、投票率84%で880名が当選した。男性普通選挙は急進的共和派、社会主義派に有利と考えられていたが、結果は両派の当選は100名に過ぎないという皮肉な結果となった。ルイ=ブランも落選してしまった。これは、急進改革派を「赤い妖怪」と恐れる地方の有産農民層がパリの過激な運動を冷ややかに見ていたためであった。
 5月に憲法制定国民議会が成立したため臨時政府は解散し、あらたに内閣にあたる5名からなる「執行委員会」を任命した。5名のうち4名はラマルティーヌらブルジョワ共和派(穏健派)で、労働者の要求に理解のある急進共和派はルドリュ=ロランただ一人となった。

第二共和政の動揺

1848年4月選挙で社会主義派が後退、ブルジョワ共和派が国立作業場の併催に踏み切ると反発した労働者が六月蜂起を起こした。その鎮圧に活躍した軍人カヴェニャックが実権を握る。11月に公布された共和国憲法に基づいて実施された大統領選挙でルイ=ナポレオンが当選、次第に権力を集中させ、第二帝政への道を開いた。

二月革命での内部矛盾

 臨時政府のなかの急進共和派、社会主義派は、労働者の救済を図るために国立作業場を設置した。これは工場ではなく、土木作業場といったもので、失業対策のために設けられたものであった。しかし、作業場に収容された人には、実際の仕事がなくとも国費で給与が支払われるていた為、厖大な支出が続き、次第に財政を圧迫していった。あわせて当時、全ヨーロッパでのジャガイモ飢饉の影響による不況で、国家財政は危機に瀕することとなった。臨時政府部内のブルジョワ共和派は国立作業場の閉鎖が大勢を占め、4月の選挙によって社会主義派が後退したことによって、5月に成立した執行委員会(政府)はその閉鎖が決定された。
六月蜂起 政府が国立作業場を閉鎖したことに対して労働者と社会主義派は強く反発した。労働者は六月蜂起を起こしパリ中にバリケードを築いた。議会は軍人のカヴェニャックに全権を付与、彼は戒厳令を布き、労働者のバリケードを砲撃して蜂起を鎮圧、労働者・社会主義者を多数殺害した。ルイ=ブランはイギリスに亡命し、実権は鎮圧を指揮した軍人カヴェニャックに移った。

共和国憲法と大統領選挙

フランス1848年

1848年1年間のフランスの政権交代を戯画化した絵。右からルイ=フィリップ → ラマルティーヌ → カヴェニャック → ルイ=ナポレオン。いずれもルイ=ナポレオンの登場の露払いに過ぎなかったというわけである。

 憲法制定国民議会は11月4日に第二共和政憲法を採択した。人民主権・三権分立・一院制・大統領制を採用し、男子普通選挙を定めたていた。同年12月にこの憲法に基づき、最初の大統領選挙が実施されると、カヴェニャック、ララルティーヌらと並んで、亡命先のイギリスから帰国したナポレオンの甥、ルイ=ナポレオンが立候補した。多くはカヴェニャックの圧勝を予想していたが、その結果はルイ=ナポレオンが553万票(74.2%)で圧勝、カヴェニャックは145万票、ルドリュ=ロランは37万票、ラマルティーヌは3万票にも届かなかった。
 大統領となったルイ=ナポレオンは、当初は共和政に忠実な姿勢を示したが、実際には王党派を多数復権させ、共和主義者の排除を進めた。また「六月蜂起」(六月暴動)の恐怖心を煽り、フランスの栄光の再現を強調して保守化した農民層の支持を取り込んで、次第に強大な権限をふるうようになった。王党派と反共和主義者はルイ=ナポレオンの与党として秩序党を結成、1849年の立法議会選挙では450議席(750議席中)を占めて第一党となり、ルイ=ナポレオンの1851年のクーデタへの地ならしを終えた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 オ.1848年革命
書籍案内

フローベール/生島遼一訳
『感情教育』上
岩波文庫

谷川稔他
『世界の歴史』22
1999 中央公論新社