印刷 | 通常画面に戻る |

アブデュル=メジト1世

19世紀中ごろのオスマン帝国スルタン。タンジマートを推進するとともに、クリミア戦争でロシアと戦った。

オスマン帝国スルタン(在位1839~61)。第2次エジプト=トルコ戦争の敗北の直後の1839年、急死したマフムト2世を継承してスルタンとなった。宰相ムスタファ=レシト=パシャの助力で、ギュルハネ勅令を発し、タンジマートを実施、西欧化を進め、上からの改革を行った。ロシアの南下政策に対してはイギリス、フランスなどの支援でクリミア戦争を戦い、1856年に「改革勅令」を出して非イスラーム教徒の政治的諸権利の尊重を唱い、西欧諸国への接近を示し、戦後のパリ条約では領土の保全に成功した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 ウ.オスマン帝国の改革