印刷 | 通常画面に戻る |

ギュルハネ勅令

1839年にオスマン帝国のスルタン、アブドュル=メジト1世の時に出された近代化をめざす勅令。

19世紀前半のオスマン帝国の危機の時代、西欧列強の進出にさらされる中で、従来のカリフ制による宗教国家から脱皮して、近代的な主権国家への転換を目指したタンジマートといわれる上からの改革の開始をつげた勅令。
 ギュルハネとは、イスタンブルのトプカプ宮殿にある「薔薇宮」のことで、1839年11月3日、スルタンのアブデュル=メジト1世が臨席し、宰相ムスタファ=レシト=パシャが、各国の大使公使、文武の高官、イスラーム教聖職者(ウラマー)、キリスト教聖職者、各界の代表などの多数を前にして、勅令を読み上げた。

内容とねらい、意義

 その内容は、イスラーム教徒、非イスラーム教徒を問わず、個人は法の前で平等であり、その生命、名誉、財産は保障されること、裁判の公開と刑事犯の人道的な扱い、徴税請負制度の廃止、徴兵と兵役義務の整備などであった。これが出されたのは第2次エジプト=トルコ戦争の開始直後、前スルタンのマフムト2世が急死した時であり、その意図を受け、キリスト教諸国に介入の口実を与えないために出されたものである。このギュルハネ勅令の発布から、タンジマートというオスマン=トルコの近代化改革運動が始まった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 ウ.オスマン帝国の改革