印刷 | 通常画面に戻る |

労働組合主義/サンディカリズム

労働組合を社会改革の主体とする急進的な社会主義の一潮流。19世紀末にフランス、スペインで盛んだった。

 「労働組合主義」の意味。労働組合を基盤とする労働者の直接行動(ゼネストなど)によって資本主義体制を倒し、議会制に依存しないで、生産と消費を結合させた社会の建設を理想とした。19世紀末のフランスに起こり、イタリア・スペイン・アメリカの労働運動に影響を与えた。議会政治を否定する考えはアナーキズムと結びついて、アナルコ=サンディカリズムとなった。一時は、正統的なマルクス主義やボリシェヴィズムと対抗する、政治勢力ともなったが、第一次大戦後はスペインを除いて衰退した。スペインでは人民戦線に協力し、ファシズムと戦ったが、共産党なとどの路線の違いもあり、スペイン戦争の敗北によって影響力を失った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 ウ.フランス