印刷 | 通常画面に戻る |

民族教育

1906年のインド国民会議派のカルカッタ大会で掲げられた四大綱領の一つ。

 インド国民会議派が1906年のカルカッタ大会で採択した四綱領の第4項。インドでの英語教育を否定して、インド固有の言語と文化、宗教にもとづいた教育をもとめたもの。ここで言う宗教とはヒンドゥー教を意味したので、イスラーム教徒は国民会議派の運動とは別個な組織を結成することとなる。 → イギリスのインド植民地支配と民族運動
印 刷
印刷画面へ