印刷 | 通常画面に戻る |

フーヴァー=モラトリアム

アメリカのフーヴァー大統領が1931年に世界恐慌対策として出した戦債・賠償金の1年間停止。

 1931年、アメリカ合衆国のフーヴァー大統領(共和党)が、世界恐慌のさなか、恐慌対策として打ち出した経済政策。モラトリアムとは支払い猶予、義務免除の意味で、第一次世界大戦で発生した、賠償金や戦争債権の支払い義務を1年間延期するというもの。直接的にはドイツの対イギリス・フランスに対する賠償金支払い、アメリカに対する負債の支払いを猶予するというもので、世界恐慌が波及したドイツ経済を賠償問題を緩和することで救済し、恐慌の世界拡大を阻止しようとしたもの。しかし実施時期が遅すぎ、すでに恐慌は世界に波及してしまっていたので、効果はなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 ア.世界恐慌とその影響