印刷 | 通常画面に戻る |

東条英機内閣

1941年10月~44年の7月、陸軍大将東条英機が首相・陸将・内相を兼ねた内閣。1941年12月の真珠湾攻撃によって太平洋戦争開戦に踏み切り、日本の敗北を招いた。東条英機は敗戦後、東京国際軍事裁判でA級戦犯として絞首刑となった。

 1941年10月、日米交渉の行き詰まりで辞職した近衛文麿内閣に替わって内閣を組織した。現役の陸軍大将である東条英機が首相、陸軍大臣、内大臣を兼ねていた。後に東条英機は軍需相・参謀総長をも兼務し、政治・戦争指導・軍務のすべてを握る独裁的立場に立った。

太平洋戦争の開戦

 成立直後の11月5日に、東条首相は御前会議を招集、11月末までに日米交渉がまとまらなかったら、アメリカとの戦争に踏み切ることを決定し、11月末にアメリカ側の最終提案(ハル=ノート)を受けて、それを拒否することを決意、12月8日の真珠湾攻撃を決行して太平洋戦争(日本では大東亜戦争と称した)を開戦させた。日本軍はハワイに続いてマレー、タイ、シンガポール、フィリピンと連勝を重ね、42年前半まで有利な戦争を展開した。
 国内では42年に翼賛選挙を実施して戦争継続体制を強化した。43年には大東亜会議を東京で開催し、アジアの征服地の日本軍政下にある諸国の代表を招集し、アジア解放という戦争目的を大々的に表明した。
 しかし、42年のミッドウェー海戦での敗北を境にして、戦局は転換し、連合国軍の反撃が開始され、44年7月にサイパンが陥落して首都圏がアメリカ軍の空爆にさらされるようになると、その独裁的な政治・軍事指導に反発が強まり、辞任に追い込まれた。

東京裁判

 東条英機は1941年10月に首相となり、陸将・内相を兼任して、12月8日の太平洋戦争開戦に踏み切った。その後、文相・商工相・軍需相を兼ねて権力の集中を図り、44年には参謀総長も兼任、軍事独裁体制を強めた。この間、大東亜会議を開催し、戦時態勢の強化に努めたが戦局は次第に悪化、44年6月、サイパン島が陥落すると昭和天皇の周辺の重臣から見放され、辞任に追い込まれた。
 戦後は自決に失敗した後、A級戦犯として逮捕され、極東国際軍事裁判で死刑判決を受け、48年に処刑された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ウ.独ソ戦と太平洋戦争