印刷 | 通常画面に戻る |

ギニア共和国

1958年、フランスから独立した西アフリカの黒人共和国。独立の指導者セクー=トゥーレは1961年から84年まで政権を独占した。

 19世紀のヨーロッパ列強によるアフリカ分割が進む中、西アフリカには、モロッコ、サハラから南下したフランス軍が進出していった。その世紀末に、サモリ=トゥーレを中心とする激しい反フランス蜂起が起こり、一時は強大な勢力を持ったが、ついに鎮圧され、フランス植民地とされた。
 第二次世界大戦後、次第に独立の気運が強まり、サモリ=トゥーレの孫のセクー=トゥーレを指導者とする独立運動が起こった。1958年、アルジェリア問題を乗り切ったフランスのド=ゴール大統領は、各植民地に対しフランス共同体に残留するかどうかの住民投票を認めた。ギニアでは95%の賛成でフランスからの独立を決定した。1961年、セクー=トゥーレが初代大統領となり、ギニア共和国が発足した。セクー=トゥーレは次第に独裁的となり84年の死去まで大統領を独占した。なお、15世紀以降にポルトガルやイギリスが盛んに黒人奴隷貿易を行ったギニア地方というのは現在のギニアではなく、その東のギニア湾沿岸部をさすので注意する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ア.アフリカ諸国の独立