印刷 | 通常画面に戻る |

ギニアビサウ

西アフリカ海岸のポルトガル植民地が1974年に独立した。

 西アフリカ海岸のセネガルとギニアの間にある、旧ポルトガル植民地。16世紀以来、ポルトガルの植民地支配をうけ、その奴隷貿易の拠点の一つとされた。1951年にはポルトガルの海外州とされた。 → アフリカ分割
 1956年にカブラルを指導者とする独立運動が始まり、ポルトガル軍と激しい独立闘争を展開した。しかし、60年代にも独立を達成することが出来ず、1973年カブラルは暗殺された。1974年に本国でポルトガル革命が起こり、独裁体制が倒れて民主化がはじまることによって、同じポルトガル領であったアンゴラモザンビークの独立と同時に、ギニアビサウの独立も承認された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和