印刷 | 通常画面に戻る |

韓国軍部クーデター

1961年、朴正煕ら軍部が内閣を倒し実権を握り軍事政権を樹立した。

 大韓民国では、1960年に李承晩独裁政治が、四月革命(四・一九学生革命)によって倒され、張勉内閣が成立し第二共和政が開始された。ところが、約1年後の1961年5月16日に、軍人の朴正煕を中心とした韓国軍部によるクーデターを起こし、張勉内閣を倒した。こうして第二共和政は一年あまりで崩壊し、朴正煕軍事政権が成立した。この政変は「五・一六軍事革命」とも言われる。朴正煕は反共親米路線を鮮明にすると同時に、経済発展を掲げ、1963年には民政に移行して大統領に就任し、軍事独裁のもとで経済開発を進め、いわゆる開発独裁を展開する。 、
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 オ.アジアと開発独裁