印刷 | 通常画面に戻る |

朴正煕/パクチョンヒ

1961年、軍部クーデターで権力を握り63年より大統領。開発独裁の典型。1979年に暗殺された。

 朴正煕(パク=チョンヒ 1917~1979)は、大韓民国(韓国)の軍人で「1961年5月16日軍事革命」の軍部クーデターで軍事政権を樹立、1963年から大統領となり、軍をバックとした独裁政治を行った。反共姿勢を強め、憲法を改正して責任内閣制を改めて大統領独裁体制の第三共和政をしいた。朴正煕政権はアメリカのベトナム戦争に全面的に協力し、1965年には日韓基本条約を締結して反共陣営としての日本との提携を強めた。一方、極秘裏に北朝鮮の金日成と交渉し、1972年に南北共同宣言を発表したが、統一交渉は進展しなかった。同72年には新憲法(維新憲法)を制定、大統領緊急措置令で強大な大統領権限を手中にして「維新体制」といわれる独裁体制をかためた。国内の反対派に対しては「中央情報部」による諜報活動を行い、73年には野党指導者の金大中を東京で拉致(金大中事件)したり、さまざまな非人道的な取り締まりを行った。この間、産業の育成、工業化を推進し、「漢江の奇跡」と言われる経済成長を実現したが、その手法は「開発独裁」といわれるもので政権と関係の深い特定の財閥が急成長した。1979年、朴正煕大統領は部下の中央情報局員に夫人と共に殺害され、唐突にその独裁政治は終わった。
 2013年3月、韓国初の女性大統領となった朴槿恵は、朴正煕の長女である。

Episode 日本軍人だった朴正煕

 朴正煕は1917年、慶尚北道の両班の家系だが没落して貧農となった家に生まれ、日本名を名乗って満州軍学校と陸軍士官学校で学び、関東軍の陸軍中尉として軍務についた。その中で、日本の青年将校の「昭和維新」の思想に心酔したと言われる。満州国崩壊後、韓国陸軍の士官学校に二期生で入学、三番の成績で卒業した。曲折はあったが軍の若手将校との知り合い、後のクーデターのメンバーとした。朴正煕の経歴に危険を感じたアメリカは当初は軍事クーデターを承認しなかったが、日本の池田首相は日韓国交回復には朴正煕の満州国人脈を使えると考え、アメリカに働きかけ、アメリカも朴政権承認に踏み切ったという。<文京洙『韓国現代史』2005 岩波新書 p.102-103> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 オ.アジアと開発独裁
書籍案内

文京洙
『韓国現代史』
2005 岩波新書