印刷 | 通常画面に戻る |

モザンビーク

アフリカ東南部の旧ポルトガル植民地。1975年に独立したが、南アの白人政権の介入を受け内戦が続いた。

 アフリカ東南部、マダガスカル島の対岸の海岸にあるのがモザンビーク島。早くからインド洋交易の拠点となっていたが、8世紀以降はイスラーム商人の活動が及んできて、イスラーム化が進み、スワヒリ語も用いられるようになった。

ポルトガルの植民地支配

 1497年、ポルトガルヴァスコ=ダ=ガマ船団の到来したときは砲撃を受けたがその上陸を許さなかった。その後、インド航路を開発したポルトガルはアラビア海のムスリム商人の一掃を図り、アルメイダの指揮する艦隊を派遣、1507年にモザンビーク島に要塞を建設、その植民地支配を開始した。以来、ポルトガルの植民地支配を受け、そのアジア交易の中継地の一つとして存続した。1885年ベルリン会議で「ポルトガル領東アフリカ」となった。第二次世界大戦後の1951年にはポルトガルの海外州とされるようになった。 → アフリカ分割

Episode 日本の天正少年使節のアフリカ逗留

 ポルトガルが支配していた時代のモザンビークにアフリカにおける日本人の最初の足跡がある。天正少年使節の伊東マンショ、千々石ミゲルら4人だった。1582年に長崎を発ち、ローマに達して教皇らに謁見した彼らは帰路、1586年9月1日にモザンビーク港に到達した。一行は食料などを調達した後、インドのゴアに向かおうと出帆したが、順風が得られず、翌年3月まで約半年モザンビークに逗留した。3月15日にゴアに向けて出航したが、途中で風向きが変わり、大陸側のモガディシオに押し戻され、12日間滞在した後、5月29日にゴアに到着した。<『新書アフリカ史』1997 講談社現代新書 p.224>

独立が遅れる

 アンゴラなどとともにサラザール体制下のポルトガル本国の厳しい植民地支配を受け、独立国が多数誕生したアフリカの年(1960年)でも独立できなかった。1965年からモザンビーク解放戦線(FRELIMO)による独立闘争が始まりると、本国のポルトガルでも独裁政治が行き詰まり、1974年のポルトガル革命が起こって独裁体制は崩壊した。ポルトガルの新政権には、翌年にアンゴラなどとともにモザンビークの独立を認めた。

モザンビーク内戦

 独立後の歩みはけして平坦ではなかった。まず、ローデシア・南アフリカの白人政権は、隣接するモザンビークとアンゴラに黒人独立国家ができたことによって、アパルトヘイトをつづける白人支配が動揺することを恐れ、介入を開始した。1980年にローデシアの白人政権が倒されてからは南アフリカ共和国がモザンビークに介入し、新政府を転覆させようする右派勢力に軍事支援をつづけた。そのためモザンビーク内戦が開始されたが、これは部族抗争ではなく白人傭兵による政府転覆活動であり、反政府軍による住民虐殺が猛威を振るった。内戦のため経済成長は遅れ、モザンビークは「世界一の貧困国」といわれた。94年、ようやく統一選挙が実施されたが政情不安は続いている。
南ア介入による内戦の惨状 南アフリカの白人政権に支援されたモザンビークの反政府組織(モザンビーク民族抵抗 RENAMO)は白人傭兵に指導されて盛んに政府転覆活動を行った。そのの中味について次のように報告されている。
(引用)白人傭兵によって訓練されたRENAMOのアフリカ人ゲリラは、子供を誘拐し、学校や病院を破壊し、教員や看護婦を処刑し、乗合バスを満員の乗客もろとも丸焼きにし、収穫に火をつけてまわるなど、各地で暴虐の限りを尽くした。南アフリカの直接・間接の介入が原因で命を落としたモザンビーク人は、1980年代の10年間で100万人に達した。そして、86年にはモザンビーク大統領のサモラ・マシェルが、南アの破壊工作で謀殺された。<『新書アフリカ史』1997 講談社現代新書 p.350>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和
書籍案内

宮本正興・松田素二編
『新書アフリカ史』
1997  講談社現代新書