印刷 | 通常画面に戻る |

ユーロ

2002年から通常通貨としてヨーロッパ連合内で使用され始めた。

 1992年のマーストリヒト条約(93年発効)で通貨統合が定められて生まれたヨーロッパ連合(EU)で使用される新通貨。EURO。1999年1月から単一通貨ユーロがまず金融市場や銀行間取引に利用され、2002年1月日常生活の通貨としてしようが開始された。これによってドルと対抗し、円を上回る巨大な通貨圏が成立した。
 7種類の紙幣と8種類の貨幣が、共通のデザインで発行され、旧通貨は各国中央銀行の手によって回収され、粉砕器にかけられ処分された。
 ユーロ使用を開始したのは、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、アイルランドなど12ヵ国。イギリス、スウェーデン、デンマークの三国は使用していない。
 2004年にEUに加盟した中東欧10ヵ国も段階的にユーロ圏に加わることが予定されているが、ユーロを導入する場合には財政や物価が安定していることが条件となっている。

イギリス・スウェーデン・デンマークの不参加理由

 イギリスは伝統的な自国通貨(ポンド)に執着しユーロを使用していない。またスウェーデンデンマークではユーロ導入を問う国民投票で否決された。この三国は、中東欧圏の「貧しい」諸国が加わることになればユーロは不安定になり、自国の高度な社会福祉制度の水準が低下することを警戒している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 イ.先進経済地域の統合化