印刷 | 通常画面に戻る |

ゴラン高原

1967年の第3次中東戦争でイスラエルが占領したシリアの領土。現在も占領を継続している。

 シリアの東南部の大地状の高地。シリア領であったが、1967年の第3次中東戦争イスラエル軍が侵攻し、そのまま占領を続け、ユダヤ人の入植を進めた。第4次中東戦争ではシリア軍が奪回を試み進撃したが、イスラエル軍が反撃し、激しい戦闘の結果、イスラエルが確保し、1981年にはイスラエルに併合することを宣言した。しかし国際法的にはまだ認められていない。
印 刷
印刷画面へ