印刷 | 通常画面に戻る |

第3次中東戦争/六日間戦争(六日戦争)

1967年6月、イスラエル軍がエジプトなどに侵攻、わずか6日間の戦争でイスラエルが圧倒的勝利を収め、シナイ半島、ガザ地区、ゴラン高原などを占領した。

 第二次世界大戦後の中東での、アラブとイスラエルの間でパレスチナをめぐって展開された、4次にわたる中東戦争の中での三番目の戦争として、1967年に起こった。イスラエル側の奇襲作戦が成功して勝利を収め、周辺にその支配領域を拡大したため、さらに大量のパレスチナ難民が生まれることとなった。

ナセルの攻勢

 1956年、エジプトのナセル大統領がスエズ運河国有化を宣言したことから始まった第2次中東戦争では、イスラエルはイギリスなどと共に出兵し、闘いでは勝利したが、国際世論ではナセルはアラブ世界を率いる英雄として脚光を浴び、イスラエルは窮地に立たされることとなった。情勢打開を狙ったイスラエルは、エジプトおよびアラブに対する攻勢を機会を狙っていた。

イスラエルの奇襲成功

 1967年6月5日、イスラエル軍はエジプト軍によるアカバ湾の封鎖に対する反撃を口実として、エジプトに一気に侵攻、空軍がエジプト空軍基地を爆撃し、わずか3時間で破壊させた。エジプト空軍の反撃を無力化した上で、イスラエル陸軍はシナイ半島ガザ地区を制圧し、スエズ運河地帯まで進撃した。北方ではシリア領ゴラン高原と、ヨルダン領ヨルダン川西岸地域と東イェルサレムを占領した。

六日間戦争(六日戦争)

 6月10日、イスラエルとエジプトは国際連合の停戦決議を受諾し、停戦に合祀した。戦闘はわずか6日間で、イスラエルの圧倒的な勝利となった。イスラエル側は「六日間戦争」とも言っている(アラブ側では6月戦争という)。
 イスラエル軍の電撃作戦を指揮したのは隻眼のダヤン将軍であった。戦死者はアラブ側が3万人であったのに対し、イスラエルは670人にとどまり、イスラエルは領土を4倍近くに増やした。また首都としてきたイェルサレムの旧市街を含む東イェルサレムはヨルダンが支配していたが、イスラエル軍が占領し、これで東西併せた全市を支配した。なお、国際連合および国際社会はイェルサレムをイスラエルの首都とは認めていない。
 またこの戦争によってパレスチナ難民が100万人以上発生、そのほとんどがヨルダンに避難した。国連は安保理決議242でイスラエルの撤退を決議したが、実行されなかった。エジプトのナセル大統領は敗戦の責任をとって辞任を決意したが、国民の辞任反対の声が強く、辞意を撤回した。 → 第4次中東戦争 
イスラエル軍のイェルサレム占領 第3次中東戦争で、イェルサレムの神殿の丘がイスラエル軍の手に落ちた。神殿の丘は、ハラム=アッシャリーフ(高貴な聖域)といわれ、1187年にサラディンに率いられたイスラーム教徒軍が十字軍から奪回した場所だった。以来780年もの間、イスラーム教徒の手にあったこの丘が、イスラエル軍、つまりユダヤ人の手に落ちたのだ。イスラーム教徒の落胆と怒りは激しかった。<藤原和彦『イスラム過激原理主義 なぜテロに走るのか』2001 中公新書 p.92>
印 刷
印刷画面へ