印刷 | 通常画面に戻る |

カウンター・カルチャー

1960年代後半、アメリカの若者に広がった既成文化にタイする反発。

 1960年代の後半、アメリカの若者の間で、ベトナム戦争に対する批判、拒否運動が広がった。このベトナム反戦運動は、アメリカ中流社会の既成の文化に対する反発に結びつき、ロックやフォークなどの新しい音楽、ドラッグなどを肯定する文学、『アメリカン・ニュー・シネマ』といわれた「イージーライダー」や「真夜中のカウボーイ」などの映画、絵画や写真などあらゆる文化に及んだ。およそ長髪に奇抜な服装というヒッピーと言われた若者がその担い手だった。カウンター・カルチャーは、豊かな生活と安定というアメリカ中流社会の価値観を物質主義と批判し、そこから離脱して、精神的な自由と満足を得ようとしたものであり、インド仏教や日本の禅などにあこがれる傾向があった。
 カウンター・カルチャーのムーブメントのピークは1969年に8月に行われたウッドストックのロックコンサートに30万のヒッピーが集まったときであろう。
 ところが1990年代にはこのような価値観の破壊に対する反動として、アメリカの保守化が明らかになってきた。人工中絶や同性愛を否定し、進化論も否定して聖書教育を公教育でも実施せよと主張する右派の台頭が、ブッシュ大統領などの共和党政権を出現させたと言われている。
印 刷
印刷画面へ