印刷 | 通常画面に戻る |

天安門事件(第1次)/四五運動

1976年、周恩来の死去の際に、文化大革命の四人組政権に反発した民衆が北京で起こった騒乱。四五運動とも言われている。

 1973年3月中華人民共和国の中央政権に復帰した鄧小平による「全面整頓」と言われる経済再建政策が開始され、文化大革命によって停滞した経済の回復が図られた。1976年1月、鄧小平とともに「農業、工業、国防、科学技術」の「四つの現代化(近代化)」を推進していた周恩来が死去すると、ともにそのリーダーシップに期待していた民衆は不安を募らせ、まず3月下旬に南京で「周総理擁護、張春橋打倒!」というスローガンが貼り出され不満が表出した。張春橋とは四人組の一人で文化大革命を推進する中心メンバーであった。
 1976年4月5日、前日の4月4日の清明節にあわせて機運は最高潮に達し、この日、北京の天安門広場の人民英雄記念塔の前に30万とも50万ともいわれる民衆が集まり、献花をし、詩を朗読するなどして周恩来を偲びつつ、次第に四人組批判の声が強まった。それは建国以来初めての、政治に対する民衆の自発的で大規模な「異議申し立て」行為であった。

鄧小平、再び失脚

 事態を重視した中共中央はこの動きを「鄧小平が準備した反革命事件である」と断定し、4日夜から5日にかけて1万の民兵と3000の武装警察を動員して民衆の抗議行動を封じ込めた。7日、中央政治局会議は毛沢東の提案で、華国鋒の党第一副主席兼国務院総理の就任、鄧小平の全職務の解任を決定した。これによって鄧小平は再び失脚した。

文革後の逆転評価

 事件がおこった当時は「反革命」とされたこの事件は、1976年9月に毛沢東が死去し、四人組の後ろ盾が無くなって文化大革命の終了を告げたため、華国鋒体制下の1978年11月、「四人組」に対する「民衆の革命的行動」として逆転し、評価されることとなった。
 現在の中国では、1989年の第2次天安門事件と区別する意味で、「第1次天安門事件」、別称「四・五運動」と呼ばれいる。<天児慧『中華人民共和国史』1999 岩波新書> 
印 刷
印刷画面へ