印刷 | 通常画面に戻る |

彩文土器/彩陶

世界の各地の土器に見られる彩色を施す技法。

 世界の各地の新石器文化に共通してみられる素焼きの土器で、酸化鉄による赤色や黒色、または白色で簡潔な模様や動物を描いている。メソポタミアやエジプト、インドにも見られ、さらに中国文明の彩陶もそれにあたる。かつてはメソポタミア起源で、それが東方に伝わったとも考えられていたが、現在は中国起源説も有力である。インドではバローチスターン農耕遺跡(インダス川の西方の丘陵地帯に広がる前7000年頃から前2300年頃の新石器文化)に始まり、ハラッパー、モエンジョ=ダーロなどのインダス文明に継承される。

中国の彩文土器(彩陶)

 中国でも彩文土器が作られており、彩陶ともいう。中国の新石器文化の前期に当たる仰韶文化の指標とされている。赤褐色の地に紅・黒・白などの顔料で幾何学的模様や動物模様を描く。仰韶遺跡や半坡遺跡などで出土している。仰韶を発掘したアンダーソンは、中国の彩文土器は西から伝えられたものと考えたが、西アジア・インドと中国を結ぶ中央アジア地域では見つかっておらず、西から伝播したことは否定され、現在では中国で発生したとする説の方が有力である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章 イ.文化から文明へ