印刷 | 通常画面に戻る |

エヴァンズ

1900年、クノッソスの発掘に成功したイギリス人考古学者。

 イギリスの考古学者アーサー=エヴァンズ。シュリーマンの発掘に刺激され、1900年クレタ島のクノッソスを発掘。エーゲ文明の最古の段階であるクレタ文明の存在を明らかにした。かれの収集した遺品には線文字Aと線文字Bなどが書かれた大量の資料があったが、それを公開せず、解読は50年遅れた、といわれる。<高津春繁・関根正雄『古代文字の解読』1964 p.243 岩波書店 による>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明