印刷 | 通常画面に戻る |

エーゲ海/エーゲ文明

エーゲ海は地中海東部、ギリシアと小アジアの間の多島海。盛んな交易によって紀元前3000年ごろ、青銅器文明が生まれた。前半のクレタ文明と後半のミケーネ文明に分けられるが、それらの関係、皇族の鉄器文明とのの関係には判っていないことも多い。

エーゲ海

 エーゲ海は地中海世界につながるギリシアと小アジアにはさまれた海域で、多島海ともいわれるほど島が多い。エーゲ海の重要な島としては、最南部の大きなクレタ島、中央部に位置するデロス同盟の名の起こりとなったデロス島、小アジアに近いレスボス島(女流詩人サッフォーが活躍した)、ミロ島(ミロのヴィーナスが発見された島)、サモス島、キオス島(ドラクロアの絵「キオス島の虐殺」で知られる)、ロードス島などがある。紀元前3000年頃からギリシア人が進出し、青銅器文明であるエーゲ文明が展開した。

エーゲ文明の形成

 紀元前3000年ごろから、ギリシアのエーゲ海周辺に形成された青銅器文明。オリエント文明の影響を受けながら形成されたものと思われ、前2000年ごろにはクレタ島を中心としたクレタ文明が繁栄していた。前2000年紀から南下し始めたギリシア人(その第一波をアカイア人という。また南下の年代は最近では前3000年紀にさかのぼるとする説もある)がギリシア本土にミケーネ文明を形成し、前1400年頃にはクレタ文明を滅ぼし、小アジアにも進出した。これらのクレタ文明、ミケーネ文明、さらにトロイア文明などを総称してエーゲ文明という。これは同時期のオリエントのエジプト新王国ヒッタイト王国とも関係が深かったらしい。前1200年ごろには、東地中海世界全体を襲った民族移動の動きの中で鉄器段階に移行していったが、その影響からかエーゲ文明は衰退した。

エーゲ文明の解明

 エーゲ文明の存在は、19世紀までは知られておらず、ホメロスなどの伝えるのは単なる神話であると考えられていたが、19世紀後半から20世紀前半までに、シュリーマンによるトロイア遺跡ミケーネ遺跡エヴァンスによるクノッソスなどの考古学上の発見によってその存在が明らかにされ、ヴェントリスなどの古代文字の解読によってその内容も伝承との一致も明らかになってきている。とくに1953年のヴェントリスによる線文字Bの解読は、それまでヘロドトスやツゥキュイディデスなどの歴史書でしかわかっていなかった古代ギリシア研究に、画期的なインパクトをもたらした。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明