印刷 | 通常画面に戻る |

クノッソス遺跡

1900年、エヴァンスによって発掘されたクレタ島の遺跡。クレタ文明の解明につながった。

 クレタ島地中海の東部、エーゲ海の入口にある大きな島。クレタ島の中央部にあるクノッソスで、イギリス人のエヴァンスが1900年から本格的に発掘を開始した。その結果、前2000年頃から前1400年ごろの青銅器文明の存在を明らかになり、クレタ文明と名付けられた。

クレタ文明

 この遺跡は、前19世紀ごろ最盛期を迎えたクレタ海洋王国の宮殿とされた。その宮殿は中庭の周辺に多数の建物が配されており、城壁はめぐらされていない。また神々の偶像や人物像は見つかっていない。明らかに迷宮状になっており、伝承にあるクレタ島のミノス王の迷宮の跡ではないかと考えられている。また多数の粘土板に絵文字と線文字が刻まれているのも発見され、線文字は線文字Aと線文字Bに分類されている。このクノッソスの宮殿は、その後の前1400年頃、ギリシア本土に興ったミケーネ文明によって征服されたと考えられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明