印刷 | 通常画面に戻る |

イッソスの戦い

前333年、アレクサンドロス大王がアケメネス朝ペルシアを破った戦い。

 前333年11月、アレクサンドロス東方遠征におけるペルシア帝国軍の戦い。小アジアの東端に位置するイッソスで、アレクサンドロス軍とダレイオス3世軍の率いるペルシア軍が対決し、アレクサンドロス軍が重装歩兵と騎兵隊の活躍で勝利を占め、ダレイオス3世は敗走した。陣営に残されたダレイオスの母や王妃、娘たちはアレクサンドロスの捕虜となった。

Episode イッソス合戦図

イッソスの戦い
イッソス合戦図 ポンペイ出土のモザイク画
 アレクサンドロス大王がダレイオウ3世と戦っているところを描いてあることで有名な「イッソス合戦図」は、1831年にポンペイで出土した床面モザイク画。現在はナポリ考古博物館蔵。前4世紀末の画家ピロクセノスの原画を前二世紀に模写したもの。アレクサンドロス大王は左の馬上の人物で、右の戦車の上から指揮を執っているのがダレイオス3世。アレクサンドロスがダレイオスの陣中深く攻め込んだシーンを絵がいいる。これがイッソスの戦いの図であることは定説になっているが、アルベラの戦い(ガウガメラの戦い)の図という説もある。<『アレクサンドロス大王東征記』上 岩波文庫 p.386 註>
※なお、アレクサンドロス大王死後の後継者たちの争いであるイプソスの戦い(前301年)と間違わないこと。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ケ.ヘレニズム時代