印刷 | 通常画面に戻る |

ポンペイ

79年、南イタリアのヴェスヴィオ火山の爆発で火山灰にうずもれた町。

 ローマ帝国の79年8月24日、南イタリアの活火山ヴェスヴィオ山が噴火し、山麓のポンペイなどの町を土石流と降灰が襲った。即位したばかりであったティトウス帝は復興委員会を設置したが、ポンペイは完全に埋没していたため復興はあきらめ、生き残ったポンペイの市民1万人はネアポリス(現在のナポリ)に移住させた。このときナポリに駐留していたローマの艦隊司令官で博物学者のプリニウスは旧居ポンペイ救援に向かったが、自ら火山性ガスに直撃され、命を落としている。
 18世紀の中ごろ、ポンペイの発掘が始まり、現在まで続く調査によって、古代ローマの一都市の全貌が明らかになってきている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 エ.ローマ帝国