印刷 | 通常画面に戻る |

アレクサンドロス

マケドニアの王で前334年に東方遠征を開始、前330年にペルシア帝国を滅ぼして東西に及ぶ大帝国を建設した。征服した各地にアレクサンドリアを建設、ギリシア人を入植させ、ヘレニズム世界を現出させた。前323年にバビロンで死去、その後、帝国は後継者たちによって分割された。

 英語の読みではアレキサンダー。ギリシア北方の大国マケドニアフィリッポス2世の子としてペラに生まれる。13歳から3年間、哲学者アリストテレスの教えを受けたという。前336年、父王が暗殺されたため、20歳でマケドニア王アレクサンドロス3世となる。王位につくとまず北方のドナウ川方面を平定し、さらにテーベが離反するととって返してそれを討ち、背後を固めてから、前334年に父の意を継いで、東方遠征に着手した。短期間で小アジア・エジプト・メソポタミアを制圧し、前330年にはペルシア帝国を滅ぼし、ギリシアからオリエント世界を含む世界帝国であるアレクサンドロスの帝国を出現させた。さらに中央アジアに入りバクトリア地方などを制圧、ついにインダス川に到達したが、部下の反対でそれ以上は進まず、バビロンに凱旋した。前323年、熱病にかかり33歳で死んだ。その死後はかれの帝国はギリシア人の後継者(ディアドコイ)によって分割支配されることとなった。彼が作り上げた大帝国は短命ではあったが、ギリシア文明とオリエント文明を融合させ、ヘレニズムという新たな文明の出現をもたらした。 → ヘレニズム時代
 アレクサンドロス大王の父のフィリッポス2世は、アレクサンドロスの教育に熱心で、アテネからアリストテレスを招いてその家庭教師とした。アレクサンドロスは熱心な生徒で、ギリシア文化を吸収したが、結局はアリストテレスのポリス的世界観を破壊する(克服する?)役割を担うこととなった。
 また、大王といわれるようになってから、清貧で知られた哲学者ディオゲネスの教えを請おうと訪ねたが、軽くあしらわれてしまったという逸話も有名である。

アレクサンドロス大王の東方遠征

 アレクサンドロス大王は前334年から前323年まで、ギリシアの東方、アケメネス朝ペルシアの支配する広大な地域への大遠征を行った。アレクサンドロスの東方遠征の理由は、古来、ペルシア戦争の復讐戦であるとか、大王の領土的野心、インド征服の夢など、さまざまな見解があるが定説はない。大王自身は、自由なギリシアが、僭主や異国人の王に支配され奴隷の境遇にあるアジアの民を解放する戦いであると(あたかも前アメリカ大統領ブッシュのような)戦争目的を部下の将兵に語っている。背景には、ポリス社会の崩壊に伴い、ポリスというよりどころを無くしたギリシア民衆の不満と不安のはけ口を求める声があったのではないだろうか。また、征服地には各地に植民市アレクサンドリアを建設し、ギリシア人を入植させた。遠征後半はペルシア人など現地勢力との融合をはかる政策をとった。これらは東西融合政策といわれている。

東方遠征のルート

 アレクサンドロスは東方遠征に先立ち、前335に北方のトラキアと南方のギリシア本土テーベを制圧。テーベを破壊し、コリントス同盟会議で翌年からの東方遠征を表明した。前334年(22歳)5月ペラ東方のアンフィポリスに軍を終結させ遠征出発した。以後のルートは、同年夏ダーダネルス海峡を越えグラニコス川の戦いでペルシア軍と最初の戦闘 → ペルシアの小アジアの拠点サルデスに入城、ついでミレトス、ハリカルナッソスを次々に攻略し小アジアを東進 → 前333年11月、イッソスの戦い。初めてペルシア帝国ダレイオス3世と会戦。敗れたダレイオスは東方に逃亡 → 前332年1月、フェニキア人のティルスを苦戦のすえ攻略 → 同年冬、無抵抗のエジプト、メンフィスに入る。前331年、ナイル河口にアレクサンドリア市を建設 → 再びシリアに入り、前331年10月、ガウガメラの戦いでダレイオス3世を破る。敗走したダレイオスはさらにアルベラの戦いで北方に逃亡 → 同年末、バビロンに入城 さらにスサに至る → 前330年1月、ペルシア帝国の都ペルセポリスに入る → 王宮を破壊、ペルシア帝国滅亡 → ダレイオス3世を追撃し、エクバタナ(メディアの旧都)へ → ヘカトンピュロス(後のパルティアの最初の都) → カスピ海南岸を経てイラン高原を転戦 → 前329年冬、バクトリアに入る → マラカンダ(現在のサマルカンド)など、ソグディアナ各地を攻略、各地にアレクサンドリアを建設 → 前327年春、パミールの豪族の娘ロクサネと結婚 → 同年秋、カイバル峠を越えてインドに侵入。パンジャブの象部隊と戦う。将兵の中に帰国を望む声強くなる。→ 前325年、インダス河口付近のパタラから西進に転じる → イラン高原南部を西進、別働隊(ネアルコス指揮)は艦隊を編成してインダス河口からペルシア湾に向かう) → 前323年、バビロンに戻る。さらに西進し、地中海方面への遠征を考えていたらしいが、熱病にかかり、6月17日に死去、32歳であった。<NHK『文明の道 アレクサンドロスの時代』2003 などによる>

Episode アレクサンドロス大王の戦術

 アレクサンドロス大王の軍は、陸軍が主体で、ギリシアの重装歩兵密集部隊戦術をさらに改良したものであった。甲と脛当に小型軽量の丸楯を防具とし、武器はサリッサという5~6メートルの長槍を用い、密集して方陣をつくり、最前列から第3列までは槍を水平にかまえ、それより後方の列は斜め前に保って突撃し、前列が倒れれば次の列が槍を繰り出し、連続して敵を攻撃した。また、アレクサンドロス軍は、腱または人間の毛髪を堅くよじってそのねじり力を利用した二種類の射出機を用いた。その一つはカタペルテスで、小型で矢や礫を打ち出すのに使い、もう一つはペトロボロスといって20~27キロの石弾を射出できる大型のものだった。<『アレクサンドロス大王東征記』上 岩波文庫の註p.350,354>
※オリバー=ストーン監督の映画『アレキサンダー』では、アレクサンドロスの重装歩兵密集部隊の戦術が再現されている。インド軍の象部隊との戦いは一見すると良い。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ケ.ヘレニズム時代
書籍案内

アッリアノス
『アレクサンドロス大王東征記』上 岩波文庫
DVD紹介

オリバー・ストーン監督
『アレキサンダー』