印刷 | 通常画面に戻る |

リュケイオン

古代ギリシアのアテネでアリストテレスが作った学校。

アリストテレスがアテネにつくった学校。多くの蔵書や標本の他に、体育館や歩廊があり、その歩廊をペリパトスといったので、学校はペリパトスとも言われ、そこで学んだ人々をペリパトス派とも言った。アリストテレス死後も続いたが、アリストテレスのような総合的かつ体系的な学問研究は衰え、実証的、個別的な分野研究になっていった。それでもリュケイオンはローマ時代も存続したが、529年の東ローマ帝国のユスティニアヌス帝の時にプラトンの作ったアカデメイアなどと共に異教として閉鎖されてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 コ.ギリシアの生活と文化