印刷 | 通常画面に戻る |

アテネ

古代ギリシアの代表的なポリス。典型的な民主政治が展開され、前5世紀にペルシア戦争に勝利、デロス同盟の盟主として全盛期となる。前5世紀末、スパルタとのペロポネソス戦争で敗れ、ギリシアの覇権を失ったが、その後もギリシア文明の中心都市として存続した。前338年、カイロネイアの戦いで敗れてマケドニアの支配下に入り、ヘレニズム時代を経て、前2世紀にはローマ領となる。ローマ帝国分裂後はビザンツ帝国の支配を受け、15世紀にオスマン帝国に征服された。1830年にギリシア王国が独立、34年にその首都となり、現在もギリシア共和国の首都である。

 ギリシア語表記ではアテナイ。古代ギリシアの代表的なポリスであり、ギリシア南部のアッティカ地方にあり、アクロポリスの丘を中心にした市域は城壁に囲まれ、その周辺地域を領有し市民の耕作地が広がっていた。またサラミス湾に外港を持ち、海外貿易でも大きな富を築いた。領内にはラウレイオン銀山があり、貨幣を発行し、経済的にも他を圧していた。
 アテネが支配したアッティカ地方は、広さは佐賀県ぐらい、人口は最盛期で市民は家族を含み12万(そのうち、市民権を持つ成年男子は3万)。さらにメトイコイといわれた在留外人が3万、奴隷が8万人、合計で23万(前432年の推計)とされる。 → アテネ民主政

アテネの成立と民主政の発展

ポリスの形成  アテネはドーリア人の征服を受けず、以前から居住していたイオニア人が、集住(シノイキスモス)によって前800年頃までにポリスを形成させたと考えられている。他のポリスと同じく成立当初は王政であったが、前7世紀ごろまでに少数の貴族が実権を握る貴族政に移行し、続いてポリスの平民重装歩兵・密集部隊の中核となって軍事力を担うようになった。
民主政の成立  貴族と平民は次第に抗争するようになる中、 前7世紀初めのドラコンの立法で平民は法廷に守られるようになり、さらに前6世紀初めのソロンの改革によって両者の争いが調停されると共に平民の没落を防止する措置が執られ、民主政の法的整備が進んだ。前6世紀中ごろのペイシストラトスによる僭主政が現れたが、前508年のクレイステネスの改革で僭主の出現を防止する措置がとられて、典型的なアテネ民主政が成立した。

ペルシア戦争

 アケメネス朝ペルシア帝国の支配に対してイオニア人の植民都市がイオニアの反乱を起こすとアテネはその支援に乗り出したことからペルシア戦争(前500~前449年)が勃発した。アテネは,有力ポリスのスパルタとともにギリシア軍の中核として戦った。苦戦を強いられながら前490年のマラトンの戦いではアテネの重装歩兵が活躍してペルシア軍を撃退した。480年のサラミスの海戦ではアテネのテミストクレスの指揮する三段櫂船が活躍して勝利し、翌479年には陸上ではスパルタ軍がプラタイアの戦いでペルシア軍を破り、ペルシア帝国に併合される危機から脱した。これはアテネの民主政の勝利ともいうことができる。

五十年期

 前479年でペルシア戦争の本格的戦闘は終わったが、まだ交戦状態は続いた。またギリシア側ではペルシア戦争後の主導権を巡って、アテネとスパルタの対立が表面化し、その情勢を見てペルシア帝国が介入、複雑な外交交渉が続いた。この前479年から前431年のペロポネソス戦争勃発までの50年間を「五十年期」といい、それがアテネの全盛期にあたっている。前470年にはサラミスの海戦で名声を挙げたテミストクレスが武勲を鼻にかけて傲慢になり、陶片追放でアテネを追われた。
デロス同盟と「アテネ帝国」化  ペルシア帝国の再襲来の恐れがあるなか、強大な海軍力を持つアテネの存在が重くなると、前477年にアテネはエーゲ海域の諸ポリスとの間でデロス同盟を結成した。その本部をデロス島に置き、当初は同盟の金庫もデロス島に置かれたが、アテネの優位が強まる中で、金庫はアテネに移されてアテネが管理するようになり、またアテネは他のポリスに対してアテネの守護女神アテナに対する貢納金という形で課税し、統制を強めた。またデロス同盟では市民権を有するのはアテネ市民のみとされ、他のポリス市民は外国人として扱われるなど、アテネの一強支配が成立、「アテネ帝国」といわれる状態となった。スパルタはデロス同盟の結成に反対はしなかったが、アテネの強大化が進むにつれてその関係は悪化した。
スパルタとの関係悪化 前464年にはスパルタで大地震が発生、同時にヘロットの大反乱がおこった。アテネの親スパルタ派キモンはスパルタの要請を受け4千人の重装歩兵を派遣し、ヘロットの反乱を鎮圧した。ところが、前461年には、スパルタがアテネ軍の駐留を危険視して撤退を申し入れたため、キモンの面目はつぶれ、キモンは陶片追放によって追放された。前449年 十年の追放を終えてアテネに戻ったキモンは艦隊を率いてペルシア帝国からキプロス島を攻撃。キモンは途中で死んだがアテネ海軍はキプロス島の奪回に成功した。 アテネはこの機会を捉え、対ペルシア、対スパルタの両面戦争に終止符を打ち、「カリアスの和約」でペルシア戦争は正式におわった。この間、若きペリクレスがあたらな指導者として登場した。

ペリクレス時代

 ペリクレスは前443年、民会において将軍職(ストラテーゴス)に選ばれ、その後15年間にわたって重任され、アテネの大国化と民主化を進めた。ペリクレスは、クレイステネスの民主政をさらに発展させ、民会を最高機関とする民主政治の徹底を図り、役職への日当制、抽選制などを徹底し、市民権法を定めて市民の範囲を明確にした。この時代はアテネ民主政の全盛期となったが、その一方で、アテネは強大な海軍力を背景に、他のポリスに対する優位を確定し、ペルシア戦争が正式に終結してデロス同盟の名分はなくなったが、なお同盟を存続させ、盟主として主導権を維持した。

アテネの衰退

 このようなデロス同盟を通したアテネの強大化に対して、ギリシア本土のペロポネソス半島南端に位置する大国であるスパルタは強く警戒するようになった。スパルタはすでに前6世紀にペロポネソス半島内のほとんどのポリスとの間でペロポネソス同盟を成立させていたが、アテネとデロス同盟の強大化に反発を強め、両陣営はついにペロポネソス戦争(前431年~404年)で衝突した。

ペロポネソス戦争

 ペリクレスは籠城作戦を採って防衛に当たり、民主政の危機であることを訴え、アテネの奮起を促した。その時の演説は全文がトゥキディデスの『戦史』にシルされている。しかし、疫病が流行して市民の3分の1が死ぬという危機に見舞われ、自らも罹患して開始翌年に死去した。戦争が長期化する中、前421年には一時、和平が成立(ニキアスの平和)したが、アルキビアデスが主導した冒険的なシチリア島遠征作戦に失敗し、アテネは不利な戦いに追いこまれた。戦争が長期化する中、アテネ民主政の基盤であった平民層が没落、またデロス同盟諸都市も離脱して行き、一方のスパルタは、ペルシア帝国の経済支援を受けて海軍を増強したため、戦争継続は困難となっていった。ついに前404年、アテネ海軍はスパルタ海軍に敗れ、全面降伏してペロポネソス戦争は終結した。アテネの一市民として戦争に従軍したトゥキディデスは、この戦争の経緯を詳細な歴史書『戦史』に記録した。
 ペロポネソス戦争でスパルタに敗れたアテネは、在外資産と海外領のすべてを失い、領土はアッティカとサラミスだけに限定された。スパルタの指導に従うという条件でかろうじて独立は保ったが、ギリシアにおける覇権は失われた。
三十人僭主 また、ペロポネソス戦争の敗北を、無定見なデマゴーゴス政治家を出現させた民主政治に原因があるとする風潮が生じ、寡頭政治(少数者による統治)へと動き、スパルタ駐留軍の支援を受けたクリティアスなどの三十人僭主(独裁)政権が成立した。民主派は弾圧され、アテネから逃れなければならなかった。民主派のアニュトス(皮鞣業者でペリスレス後に登場したデマゴーゴスの一人とも目されている)は亡命先から仲間と共に武装してアテネに戻り、激しい内戦を戦って、前403年に三十人僭主政権を倒し、民主政を復活させた。ソクラテスが国法に反したとして裁判にかけられ、死刑となったのもこの時代、前399年のことである。
 こうしてアテネ民主政は復活したが、ギリシア世界の主導権はスパルタやコリント、テーベなどに移っていく。しかし、このペロポネソス戦争後の前5世紀末から前4世紀のアテネは、哲学や演劇などの文化面ではむしろ全盛期を迎えることとなった。

アテネの文化の繁栄

 前5~前4世紀を文化史上は古典期と言われ、アクロポリスのパルテノン神殿などの建築や彫刻、演劇、ソクラテス以下の哲学などギリシア文化がアテネを舞台に展開された。毎年3月に行われたディオニュソス神の祭典では演劇が上演されたこともあってギリシア演劇が盛んになり、三大悲劇作者といわれるアイスキュロスソフォクレスエウリピデスや、アリストファネスなどの喜劇作者が輩出した。
 アテネでは多くのソフィスト(ほとんどはアテネ以外の出身者であったが)の活動があり、さらに後世に大きな影響を与えたソクラテスプラトンアリストテレスらもアテネで活動した。その活躍した時期はペロポネソス戦争後のアテネ民主政のむしろ衰退期であった。それでもアテネにはプラトンが創設したアカデメイアや、アリストテレスが創設したリュケイオンがあった。アカデメイアはビザンツ帝国時代の529年まで存続するなど、その後も学芸都市としてヘレニズム時代にかけて繁栄が続いた。

マケドニアに屈服

 アテネはペロポネソス戦争の後も一ポリスとして存続したが、三十人僭主といわれる寡頭制支配が行われ、デマゴーゴスによる政治によって混乱が続いた。ギリシアのポリス世界におけるアテネの覇権も失われ、主導権はスパルタに移った。一時期アテネは海上支配の復活を試みコリント・テーベと同盟してコリント戦争(前395~387)でスパルタと戦ったが、覇権を回復することはなかった。ギリシアの諸ポリスに対するペルシア帝国の干渉が強まる中、覇権はさらにテーベに移った。
 マケドニアフィリッポス2世が南下してくると、アテネではマケドニアへの抵抗を主張するデモステネスと、むしろマケドニアに協力してペルシアに当たろうと主張イソクラテスの二説が対立、結局軍事的抵抗を試みたが、前338年、カイロネイアの戦いで敗れてその支配を受けることとなり、実質的独立を失った。これらのポリスの抗争も、市民を主体とした重装歩兵ではなく、傭兵に依存する戦争に変質していった。

アテネのその後

ヘレニズム時代にはギリシア語(コイネー)はその世界の共通語として用いられたが、コスモポリタニズム(世界市民主義)の成立とともにアテネのポリス社会が文化の基盤としての位置づけは弱まった。ローマ支配に組み込まれてからもギリシア語やギリシア哲学、また美術などはローマ文化に直接的影響を及ぼし続けたが、アテネそのものは経済の中心がアレクサンドリア(エジプト)、政治の中心がビザンティウム(コンスタンティノープル)に移るとともに文化的にも衰退していった。
 ペリクレス時代が最盛期となった古典古代のアテネが、そのまま現在のアテネにつながっているのではない。1453年、ビザンツ帝国はオスマン帝国に滅ぼされ、ギリシアのイスラーム化が始まり、ギリシア全土がオスマン帝国の支配下に入ったことにより、アテネの町は大きく変貌した。1830年代のアテネは、人口4千人ほどの寒村になっていた。
 アテネが復興するのは、独立後のギリシア王国の首都となった1834年以降のことことだ。1896年には古代オリンピックの精神を復活させた第1回の国際オリンピック大会が開催された。それ以後、古典文化の中心地として大学などの文化施設も作られ、2004年には再びオリンピックが開催される大都市に発展した。<クロッグ『ギリシアの歴史』2004 創土社 など>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 オ.アテネとスパルタ
書籍案内

太田秀通
『スパルタとアテネ』
1970 岩波新書

橋場弦
『民主主義の源流
―古代アテネの実験』
2016 講談社学術文庫
旧題『丘のうえの民主政』
1997 東大出版会

伊藤貞夫
『古代ギリシアの歴史』
2004 講談社学術文庫