印刷 | 通常画面に戻る |

市民法

古代ローマの市民に適用される法律。

 ローマ市民権を持つ市民に適用される法律のこと。ローマで成文法が生まれたのは前451年の十二表法に始まり、市民生活に必要な民法の規定を中心に、共和政時代から帝政時代までのさまざまな法律が制定された。当初は都市国家としてのローマ市民にのみ適用されていたが、その領土が拡大するにつれて、ローマ市民権は拡大されていった。

市民法から万民法へ

 ローマ停止の時代にはり、紀元後212年のカラカラ帝の時のアントニヌス勅令で帝国領内のすべての自由民に拡大された。これによって、法律もすべての人間に適応するという意味で万民法といわれるようになった。これらの法律をローマ法と総称する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ア.ローマ共和政