印刷 | 通常画面に戻る |

カラカラ

3世紀のローマ帝国の皇帝。市民権の拡大などを行う。

ローマ帝国の五賢帝時代に続き、セウェルス朝を始めたセプティミウス=セウェルスの子で帝位を継承。在位211~217年。本名はマルクス=アウレリウス=アントニヌス(五賢帝と同じ名前だが関係はない)で、父の遠征先の属州ガリアのリヨンで生まれた。いつも着用していたガリア風の長い上着のことをからからといったので、それが一般的な呼び名になった。

ローマ市民権の拡大

 212年、ローマ帝国のカラカラ帝は帝国領内の全自由民にローマ市民権を与えた。一般的には、属州の含めての全自由民に市民権を拡大したことは、ローマが単なる都市国家が膨張した国家ではなく、ここで正式に「世界帝国」となった、という意義が認められている。しかし、カラカラ帝の市民権拡大の意図は、ただ相続税収入を増やすために過ぎなかったとも言われている。それまで市民権のない者は相続税を払わないでよかったからである。この命令は、彼の本名からアントニヌス勅令ともいう。カラカラはまた、巨大な公共浴場を建設したことで有名である。
 彼の治世は犯罪と狂気の連続で、約2万人がその犠牲になったという。彼自身は、第2のアレクサンドロス大王を自負してシリアに進出、パルティアと戦ったが、その最中、217年メソポタミアのカラエで部下に暗殺された。

Episode カラカラ帝の弟殺し

 カラカラ帝の弟はゲタといった。カラカラは父から弟のゲタと二人で帝位をわけて受け継いだが、独占欲が強く、弟を殺し帝位を独り占めにした。彼は、毎朝起き抜けに熊と格闘して筋骨を鍛え……たという。<モンタネッリ『ローマの歴史』p.342>
 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 エ.ローマ帝国