印刷 | 通常画面に戻る |

ホラティウス

ローマ帝政初期の詩人。ラテン文学の代表的作家。

アウグストゥス時代の詩人。ローマ人の普遍的な人間像を日常的な会話からひろってきて描いた『風刺詩集』、パトロンだったマエケネスにあてた『書簡体詩』などを残した。「征服されたギリシアが、野蛮な征服者(ローマ)をとりこにした」という有名なことばはホラティウスの詩の一節。ローマ文化が、ギリシア文化の模倣にすぎないことをローマ人として認めた言葉である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ケ.ローマの生活と文化