印刷 | 通常画面に戻る |

チベット文字

7世紀にインド文字をもとにつくられたチベットの文字。

7世紀にチベット(吐蕃)を統一したソンツェン=ガンポが、サンスクリット語仏典を翻訳するため、大臣をインドに派遣し、インド文字を学ばせ、それをもとに作ったという伝承がある。たしかにチベット文字は北インド系の文字に近い表音文字で、左から右に書く横文字で表記される。
 13世紀に元のフビライに仕えたチベット仏教の僧パスパがチベット文字をもとにモンゴル語を表記する文字(パスパ文字)を作ったが、複雑であったため民衆には使用されず元滅亡とともに廃れ、チベットでは現在でも8世紀ごろと同じチベット文字が使用されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ウ.唐と隣接諸国