印刷 | 通常画面に戻る |

チョーラ朝

南インドのドラヴィダ系タミル人の国。スリランカ、スマトラに進出。

 インド南部東岸にあったドラヴィダ語族系のタミル人の国。チョーラ朝という王朝名は、前3世紀~後3世紀の前期チョーラ朝と、9世紀から13世紀の後期チョーラ朝の二つがある。両者ともタミル人の国で、インドの東南部、現在のタミル地方にあった王朝であり、後者は前者の後継王朝であると自称している。

前期チョーラ朝

 前3世紀~後3世紀のクシャーナ朝やサータヴァハナ朝と同時代で、さらに南に同じタミル人の国家パーンディヤ朝チェーラ朝があった。クシャーナ朝やパーンディヤ朝と同じく、インド洋交易圏の中で、胡椒などの特産品をローマに輸出し、その他以下として金貨を得ていたことが、この地の遺跡からローマ金貨が出土することから判っている。この王朝はグプタ朝に押されて衰退し、9世紀に後期チョーラ朝が復興する。

後期チョーラ朝 東南アジアに進出

 9世紀~13世紀 10~11世紀のラージャラージャ王と次のラージェンドラ王の時に全盛期となり、南インドの大半とスリランカ北部を支配下に納めた。またラーシェンドラ王は1025年頃、スマトラのシュリーヴィジャヤに遠征軍を送っている。この二人の王は、中国のに三回ほど使節を送ったことが『宋史』に記録されている。12世紀にはこの王朝のもとで、ヒンドゥー教の改革運動であるバクティ運動が起こっている。1279年頃、パーンディヤ朝によって滅ぼされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章1節 ク.南インドとインド洋交易