印刷 | 通常画面に戻る |

シュリーヴィジャヤ王国/室利仏逝/三仏斉

7~14世紀、スマトラ島とマレー半島に栄えた港市国家。唐僧義浄が滞在し、大乗仏教が盛んだったことを伝えている。宋王朝には三仏斉として盛んに朝貢した。

 スリウィジャヤとも表記する、スマトラ島東南部からマレー半島にかけて、7世紀頃から繁栄したマレー人の王国。扶南に代わって東南アジアの貿易の中心として繁栄した港市国家であった。都はスマトラ島のパレンバン。マラッカ海峡を挟んだマレー半島とスマトラ島、さらに最盛期の7世紀にはジャワ島やタイなどにも勢力が及んだが、自国領には主たる産物はなく、中継貿易を行っていた。中国の史料には、唐代には義浄の『南海寄帰内法伝』には室利仏逝として書かれ、他の史料では「尸利仏誓」または「仏誓国」といわれていた。宋代には三仏斉として史料に現れる。唐から宋にかけて、定期的に中国に使節を送り、朝貢していたことが判っている。

唐僧義浄の来訪

 671年に唐の僧侶義浄がインドに赴く途中、シュリーヴィジャヤに滞在したことが知られている。彼の著作『南海寄帰内法伝』によると、この「室利仏逝国」には千人もの僧侶がいる大乗仏教の盛んな国であったという。<br />  義浄は671年に広州からペルシア船に便乗してインドに向かい、20日たらずでシュリヴィジャヤに到着した。ここに6ヶ月滞在し、サンスクリットの文字とその発音を学び、国王の好意によって近くの小国を訪ねた後、翌672年12月にインドに向かい、ナーランダー僧院などで13年間勉学した。685年にサンスクリットの仏典多数を携えてパレンバンに戻った。義浄はその地で『南海寄帰内法伝』、『大唐西域求法高僧伝』などを著し、694年にシュリヴィジャヤを離れ、広州に向かって帰国の途についた。彼は『根本説一切有部百一羯磨』のなかで、
「この仏逝(シュリーヴィジャヤ)の城下には僧侶が千余人おり、学問に励み、托鉢を熱心に行っている。かれらが勉学している書物は中国と異ならない。沙門の儀軌もまったく違いがない。唐の僧でインドに赴いて勉強しようと思う者は、ここに一、二年滞在して、その法式を学んでからインドに向かうのがよい」と述べている。<生田滋『東南アジアの伝統と発展』世界の歴史13 中央公論新社 1998 p.141>

シュリーヴィジャヤのその後

 7世紀に東隣のジャワ島に起こった同じ仏教国のシャイレンドラ朝とは関係が深く、連合したもあった。一時はシャイレンドラ朝の王子にパレンバンを支配されたらしいが、文献が少なくよくわかっていない。その後、1025年には南インドのタミル人国家チョーラ朝の侵攻を受けて次第に衰退し、14世紀にジャワ島東部にマジャパヒト王国が起こり、その勢力が及ぶとほとんど消滅し、シュリーヴィジャヤの支配権は15世紀にイスラーム教国のマラッカ王国に継承される。

宋代の三仏斉

 960年に宋(北宋)王朝が成立すると、ただちに三仏斉国の入貢が始まっている。これは唐代に朝貢を続けていたシュリーヴィジャヤ王国(室利仏逝国)の後身である。三仏斉とは、アラブ人がシュリーヴィジャヤを含む東南アジア諸島部の国々を総称して用いていたザバージという地名か、シュリーヴィジャヤのアラビア語形であるスリブザのいずれかを音訳したものと考えられるが、はっきりしない。アラビア人上人も宋に入貢し、大食(タージー)と云われていた。
 シュリヴィジャヤ王国は、1025年頃、南インドのチョーラ朝の侵攻を受けて略奪されたため衰え、しばらく宋への朝貢も途絶えたが、1079年以降、三仏斉詹畢(せんひつ)国がたびたび朝貢している。これは、パレンバンの北にあるジャンビの音を遷したものであり、シュリヴィジャヤ王国の支配下にあったジャンビ王国が自立したものと思われる。13世紀の初めの中国史料『諸番誌』によると、三仏斉国は15の州を統括しているが、その範囲はジャワのスンダ地方からスマトラ北部まで含まれており、その中心はパレンバンからジャンビに移ったらしい。ジャンビは周囲数十里の煉瓦を積んだ城壁に囲まれていたと云い、遺跡も確認されている。三仏斉の貿易は、自国の海産物(玳瑁など)と香木などと、モルッカ諸島からの丁字、肉ずくなどの香料、アラビアからの乳香や香水、薬種、宝石など、中国の金銀、磁器、絹織物などさまざまな品目があげられている。<生田滋『東南アジアの伝統と発展』世界の歴史13 中央公論新社 1998 p.220-225>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容
書籍案内

石澤良昭/生田滋
『東南アジアの伝統と発展』
世界の歴史13
中公文庫