印刷 | 通常画面に戻る |

サーフィン文化

中部から南部ベトナムにかけて発達した青銅器をもつ漁労文化。

ベトナムの中部から南部にかけて存在した青銅器文化。中国南部から北部ベトナムのドンソン文化と同じ時期(紀元前5世紀ごろ)、ベトナムの中南部の海岸沿いには、青銅器を使用し、農耕に従事しながら、独自の漁撈文化を持つ遺跡が見つかっており、この文化はサーフィン(またはサフィン)文化と呼ばれている。同系統の漁猟文化はフィリピンにも見られる。なお、東南アジアの金属器時代の遺跡として、東部タイのバンチェン文化が知られている。バンチェン文化の青銅器はかなりふるい様式を示しているという。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容