印刷 | 通常画面に戻る |

楚辞

中国の戦国時代の楚の屈原が著した詩文。

戦国時代の楚の屈原が、昔からの民謡を洗練し、賦という新しいスタイルにした。それによって当時無能な王に支配され、秦に操られていた祖国を憂える心情を歌い上げた。その思いは入れられず、屈原は絶望のあまり、江に身を投げて自殺した。

Episode 毛沢東も愛読した楚辞

 屈原の愛国詩は人々に愛唱され、文化大革命での江青にも大きな影響を与えた。同じ楚の地方に生まれた毛沢東も『楚辞』を愛読しており、日本の田中角栄首相が北京を訪れたさいに贈ったのが『楚辞』だった。<貝塚茂樹・伊藤道治『古代中国』講談社学術文庫版p.459>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 オ.社会変動と新思想