印刷 | 通常画面に戻る |

孝文帝

北魏の皇帝で漢化政策を推進し、洛陽に遷都した。

 北魏の第6代皇帝。471年即位したがはじめは皇太后の馮太后が摂政となり、均田制三長制の土地公有政策と税制の整備が行われた。

漢化政策の推進

 490年に親政を開始した孝文帝は、積極的な漢化政策に乗り出し、まず494年都を平城から洛陽に遷した。洛陽の宮廷では胡服を着ることは禁止され、中国語の使用が命じられるなど、風俗習慣を中国風に改め、胡族と漢族の通婚が奨励され、胡人の名前も中国風に改められた。また宮廷では南朝風の貴族制度が採用された。また太武帝のときの廃仏は次の4代文成帝の時に終わり、孝文帝の時代には仏教が隆盛し、都洛陽の郊外の竜門に石窟寺院が建造された。

Episode 強行された洛陽遷都

 北魏の平城から南方の洛陽に遷都するという孝文帝の考えには、故郷から離れたくない鮮卑族の反対が強かった。一計を案じた孝文帝は、ある日突然、南朝の斉を討つために江南に遠征することを宣言した。群臣は一斉にその無謀なことを諫め、泣いて止める者も現れた。そこで孝文帝は、南征をあきらめるかわりに中原に都を遷したいと言い、「遷都に賛成の者は左側に、反対の者は右側に並べ!」と一喝した。江南遠征よりは洛陽遷都の方がまだましだ、と思った群臣はあわてて洛陽遷都に賛成したという。<川勝義雄『魏晋南北朝』講談社学術文庫版 p.368>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代
書籍案内

川勝義雄『魏晋南北朝』
講談社学術文庫版