印刷 | 通常画面に戻る |

三国時代

朝鮮での4~7世紀までの高句麗・新羅・百済の抗争した時代。

4世紀の中頃から7世紀中頃まで、高句麗新羅百済の三国が鼎立した朝鮮の一時代。中国においても漢帝国が滅亡し、三国時代から南北朝を経て隋唐の統一国家が出現するまでの分裂期にあたっている。そのような時期に自立していった朝鮮半島の諸民族は、統一国家の形成に向けて互いに争い、中国の各王朝に朝貢してその冊封を受け、国家としての権威を高めようとした。その中から唐と結んだ新羅が668年に半島を統一し、三国時代を終わらせた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 オ.周辺諸国の形成