印刷 | 通常画面に戻る |

日本

弥生時代の後半、国家の形成が進み、7世紀に日本と称するようになる。

前1世紀頃から部落国家の形成が始まり、その中のいくつかは、漢や後漢に朝貢し、倭人と言われていたことが知られる。3世紀になって、邪馬台国の女王卑弥呼は、三国時代のの治める帯方郡に使節を送り、魏に朝貢し、「親魏倭王」の称号を与えられた。ただし邪馬台国の位置については九州説と大和地方説があってまだ確定がなく、この段階の日本国家統一の段階をどう考えるか、説が分かれている。4世紀に大和政権による国家統一が成ったものと思われ、5世紀にはその王たちであるいわゆる倭の五王が中国の南朝の宋と斉に使節を送っている。同時に朝鮮半島南部にも進出したものと思われ、高句麗・新羅などと抗争し、百済とは友好関係を持った。6世紀には文字の本格的使用や仏教の伝来などがあり、日本も文明の段階に入った。しかし5~6世紀は統一国家と言っても有力な豪族(天皇家と物部氏や蘇我氏など)の連合体にすぎなかったが、6世紀末に中国における隋の統一が成り、朝鮮半島でも新羅による統一が進む情勢の中で、国家体制の整備に迫られることとなった。

日本国の成立

 中国における隋・唐帝国の出現、朝鮮半島における新羅の統一という国際情勢の中で、東アジアの日本列島も政治的な統一体が出現した。豪族連合体であった大和政権の中心にあった天皇家には聖徳太子が現れ、遣隋使を派遣するなど中国の国家機構を学びながら中央集権体制への試行が始まった。一時蘇我氏の専横があったが、645年に中大兄皇子らによる大化の改新が断行され、豪族支配から脱する道が模索された。663年に白村江の戦いに敗れて朝鮮半島から完全に後退すると、天智天皇は近江令を制定(668年)に始まる律令制度の導入を図り、内政の強化に向かった。671年の壬申の乱で勝利した天武天皇は天皇を中心とした政治体制を強め、律令による官僚制度と統一的な土地制度、税制、兵制などの整備を進めた。その完成が701年の大宝律令の制定である。710年には唐の長安を模した平城京を建設し、そのほか貨幣の鋳造(和同開珎)、歴史書の編纂など唐を模範とした律令政治を展開させていく。8世紀の天平文化を中心とした日本の文化は630年に始まる遣唐使を通じて得られた唐の文化情報を最大限移植して成立していた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 オ.周辺諸国の形成