印刷 | 通常画面に戻る |

天可汗

中央アジアの遊牧民から唐の太宗に贈られた称号。

 630年、太宗(李世民)は軍隊を派遣してモンゴル高原の東突厥を攻撃した。唐軍は突厥と同じトルコ系の鉄勒と結び、東突厥を服属させた。このとき、鉄勒諸族は、太宗に対して、天可汗(テングリカガンの漢訳)という称号を贈った。この称号は遊牧民の最高君主、「世界皇帝」を意味するもので、これによって唐の太宗はまさに「世界帝国」の統治者として認知されたことになる。

出題

2004年 早大教育 第3問(部分改) 唐は、第2代太宗の治世に( a )を滅ぼし、太宗は西・北方諸族の首長から( b )の称号を受け、大帝国へと発展した。空欄に入る適切な語を漢字で記入しなさい。

解答・解説

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ア.隋の統一と唐の隆盛